院外処方箋の一般名処方開始にあたり

保険薬局 各位

 

院外処方における変更調剤後の情報提供について

(後発医薬品変更調剤報告と一般名処方調剤後のFAX報告の要否)

 

平素より、当院の院外処方の応需に格別のご高配を賜り、暑く御礼申し上げます。

さて、当院におきまして、処方箋を応需した保険薬局より後発医薬品への変更調剤については花巻、北上地区以外の保険薬局からFAX報告をいただいております。

このたび、令和291日より一般名処方を開始(予定)するにあたり、保険薬局にて一般名処方により調剤を行った場合、又、銘柄名処方に係る処方薬について後発医薬品への変更調剤を行ったときは、調剤した薬剤の銘柄等に関して院外処方せんを発行した保険医療機関へ情報提供することの義務について、厚生労働省通知①「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について(平成2435日保医発030512号)」及び②「疑義解釈資料の送付について:その2、問43(平成24420日事務連絡)」を参考に、以下の対応とすることにいたしました。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

【今後の対応】

以下について保険薬局からの報告は不要とする(電子カルテに文書取り込みを行わな

い)

後発医薬品変更調剤報告、一般名処方調剤報告

 ※必ずお薬手帳の発行・記載を行い、医療機関へ持参、提示するよう指導をお願いします

 

FAX報告についてのお願い】

 治療上必要と思われる患者情報の提供については、可能な限り当院指定の様式(岩手県立中部病院ホームページ内薬剤部門http://chubu-hp.com/bumon/yakuzaika/に掲示しておりますトレーシングレポート)を使用していただくようお願いします。

 

 

 

参考:厚生労働省通知①②について

 

 ①変更調剤の報告

保険薬局において、銘柄名処方に係る処方薬について後発医薬品(含量規格が異なるもの及び類似する別剤形のものを含む。)への変更調剤を行ったとき又は一般名処方に係る処方薬について調剤を行ったときは、調剤した薬剤の銘柄(含量規格が異なる後発医薬品を調剤した場合にあっては含量規格を、類似する別剤形の後発医薬品を調剤した場合にあっては剤形を含む。)等について、当該調剤に係る処方せんを発行した保険医療機関に情報提供すること。ただし、当該保険医療機関との間で、調剤した薬剤の銘柄等に係る情報提供の要否、方法、頻度等に関してあらかじめ合意が得られている場合は、当該合意に基づいた方法等により情報提供を行うことで差し支えない。

 

②一般名処方調剤報告について

カルテには、できるだけ詳しい情報を記載しておくことが望ましいとは思うが、一般名を記載した処方せんを発行した場合に、実際に調剤された薬剤の銘柄等について保険薬局から情報提供があった際に、薬剤の銘柄等を改めてカルテに記載しなければならないのか。

 

(答)改めてカルテに記載する必要はない。 発行した処方せんの内容がカルテに記載されていればよい。

 

令和2年8月28日 岩手県立中部病院 院長 伊藤 達朗

                  薬剤科長 三浦 清彦

来院される皆様へのお願い

5月25日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言が全国的に解除されました。しかし、地域によっては、未だ感染者が増加しているなど、今後も感染防止対策の徹底が必要な状況にあります。

つきましては、当院では、来院者される皆様にご自宅での検温をお願いしており、次のとおり対応させていただきます。

 

外来患者さん

外来受診予定の方は、受診日当日、来院前に『ご自宅での体温測定(検温)』を実施していただき、37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合は、直接来院せず、受診する診療科へお電話にて、ご相談くださるようお願いいたします。

 

付き添い者・家族・面会者等 全ての来院者

来院前に『ご自宅での体温測定(検温)』を実施していただき、37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合は、来院をお断りいたします。必要なご用務がある場合は、担当部署へお電話にて、ご相談くださるようお願いいたします。

また、感染流行地からご来院される方につきましては、原則、来県後14日間ご自宅等で待機いただいたうえでご来院いただきますようお願いいたします。

ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

令和2年8月11日  岩手県立中部病院長