病院のご紹介

病院長あいさつ

中部病院をご利用の皆様へ病院長よりご挨拶

                       院長 遠藤秀彦

岩手県立中部病院長

院長 遠藤秀彦

  

当院ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

  当院は中部地域の広域基幹病院、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、災害拠点病院として主に急性期医療を担っています。さらに地域の医療機関と連携しがん診療、結核診療、がん緩和ケア、周産期医療にも力を入れて良質で安全な医療の提供を心がけています。

  外来診療では原則的に予約制を採っており、急を要さない患者さんにはかかりつけ医からの紹介状の持参をお願いしています。これは軽症患者さんが外来に集中することにより救急、入院、手術等のより重症者への診療に支障をきたさないようにするためです。また、入院治療終了後には連携する病院・施設等への速やかな転出や自宅等への退院もお願いしております。これは入院を必要とする患者さんを受入れるベッドを確保するためです。以上2点は当院に課せられた機能を果たす上で大変重要ですので重ねてご理解とご協力をお願いします。

  当院では平成25年度からチームで安全性を高める研修Team STEPPS(Team Strategies and Tools to Enhance Performance and Patient Safety)を東北地方の病院では初めて取り入れ職員全員で医療安全に取り組んでいます。また、並行して力を入れている5S運動は環境整備の面で大きな成果を上げ、医療安全に対する職員の意識向上やより安全・安心な医療の提供にも役立っております。

  超高齢社会到来に向け国は「病院完結型医療」から「地域完結型医療」へのパラダイムシフトを謳い、地域医療構想の策定を進めています。このような大局的な見地を踏まえつつ皆様のご意見、ご要望に耳を傾け、地域への情報発信と意見交換にも積極的に取り組みながら地域に根差した医療提供を進めていきますので、ご理解ご協力を宜しくお願いします.

   

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。