【消化器内科】患者さんの紹介について(お願い)

関係機関各位

 

平素より当院の運営に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、当院消化器内科では、9月23日より常勤医が減少することから、患者紹介に関しまして、下記のとおりとさせていただきたいと存じます。

事情御理解いただき、何卒御協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.軽症の患者さんについては、一度近隣医療機関に御紹介頂ければ幸いです。

2.診療申込みに際しては、御希望日時に沿えない場合があります。

3.平日時間外の緊急の総胆管結石症治療は行っておりませんので、入院機能をお持ちの医療機関については、一晩御加療いただくか、緊急を要する場合については、他施設への搬送を御検討ください。

4.判断が困難な症例につきましては、これまでどおり個別に御相談ください。

 

令和2年9月14日  岩手県立中部病院長

【担当】地域医療福祉連携室

 

 

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)

コロナ禍でも医療機関で必要な受診をしましょう。

【上手な医療のかかり方】〈国からのお知らせ〉

 

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

院外処方箋の一般名処方開始にあたり

保険薬局 各位

 

院外処方における変更調剤後の情報提供について

(後発医薬品変更調剤報告と一般名処方調剤後のFAX報告の要否)

 

平素より、当院の院外処方の応需に格別のご高配を賜り、暑く御礼申し上げます。

さて、当院におきまして、処方箋を応需した保険薬局より後発医薬品への変更調剤については花巻、北上地区以外の保険薬局からFAX報告をいただいております。

このたび、令和291日より一般名処方を開始(予定)するにあたり、保険薬局にて一般名処方により調剤を行った場合、又、銘柄名処方に係る処方薬について後発医薬品への変更調剤を行ったときは、調剤した薬剤の銘柄等に関して院外処方せんを発行した保険医療機関へ情報提供することの義務について、厚生労働省通知①「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について(平成2435日保医発030512号)」及び②「疑義解釈資料の送付について:その2、問43(平成24420日事務連絡)」を参考に、以下の対応とすることにいたしました。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

【今後の対応】

以下について保険薬局からの報告は不要とする(電子カルテに文書取り込みを行わな

い)

後発医薬品変更調剤報告、一般名処方調剤報告

 ※必ずお薬手帳の発行・記載を行い、医療機関へ持参、提示するよう指導をお願いします

 

FAX報告についてのお願い】

 治療上必要と思われる患者情報の提供については、可能な限り当院指定の様式(岩手県立中部病院ホームページ内薬剤部門http://chubu-hp.com/bumon/yakuzaika/に掲示しておりますトレーシングレポート)を使用していただくようお願いします。

 

 

 

参考:厚生労働省通知①②について

 

 ①変更調剤の報告

保険薬局において、銘柄名処方に係る処方薬について後発医薬品(含量規格が異なるもの及び類似する別剤形のものを含む。)への変更調剤を行ったとき又は一般名処方に係る処方薬について調剤を行ったときは、調剤した薬剤の銘柄(含量規格が異なる後発医薬品を調剤した場合にあっては含量規格を、類似する別剤形の後発医薬品を調剤した場合にあっては剤形を含む。)等について、当該調剤に係る処方せんを発行した保険医療機関に情報提供すること。ただし、当該保険医療機関との間で、調剤した薬剤の銘柄等に係る情報提供の要否、方法、頻度等に関してあらかじめ合意が得られている場合は、当該合意に基づいた方法等により情報提供を行うことで差し支えない。

 

②一般名処方調剤報告について

カルテには、できるだけ詳しい情報を記載しておくことが望ましいとは思うが、一般名を記載した処方せんを発行した場合に、実際に調剤された薬剤の銘柄等について保険薬局から情報提供があった際に、薬剤の銘柄等を改めてカルテに記載しなければならないのか。

 

(答)改めてカルテに記載する必要はない。 発行した処方せんの内容がカルテに記載されていればよい。

 

令和2年8月28日 岩手県立中部病院 院長 伊藤 達朗

                  薬剤科長 三浦 清彦

呼吸器内科へご紹介いただく患者さんの制限 解除 について(お知らせ)

関係機関各位

平素は、当院の運営にご協力いただき、大変感謝申し上げます。

当院 呼吸器内科では、令和2年6月24日付け文書で、紹介患者の受け入れを制限させていただいていたところですが、今般、関係各位のご協力により、病態に応じた医療を提供できる状況となったことから、受け入れ制限を解除させていただきます。

今後におきましても、重症度及び緊急性の高い患者のご紹介について、ご配慮ご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

令和2年8月5日  岩手県立中部病院長

【担当】地域医療福祉連携室

岩手県立東和病院給食業務委託に係る簡易公募型プロポーザルの募集について

1 公募開始日

令和2年7月30

 

2 業務内容

(1)業務名

岩手県立東和病院給食業務委託

(2)業務内容

委託導入から運営までの一連の業務(詳細は参加説明書による。)

(3)導入期限

令和3年4月1日

 

3 参加資格要件に関する事項

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)この公示の日から審査完了の日までの間に、岩手県から指名停止の措置を受けていない者であること。

(3)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更正手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立てがなされていない者であること。

(4)一般財団法人医療関連サービス振興会が認定する「患者給食業務」に係る医療関連サービスマークを有している、もしくは、医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)第9条の10で定める基準に適合すると認められる者であること。

(5)給食業務委託において、公示開始の日から過去3年以内に、日本国内における60床以上の病院(医療法(昭和23年法律第205号)第1条の5第1項に規定する病院をいう。)において、業務範囲として献立作成、食材調達、調理、配送・下膳・食器洗浄までを一括で1年以上運営した実績を有する者。

(6)参加表明書に示す「岩手県立東和病院給食業務委託要求仕様書」を充たす業務が遂行可能であること。

(7)役員等が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77)第2条第2号に規定する暴力団、暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有している者でないこと。なお、上記の該当の有無を確認するため、警察本部に照会する場合があること。

 

4 技術提案書を特定するための基準

(1)経営状況の健全性

(2)関連業務の実績

(3)提案内容の具体性及び信頼性

(4)課題に対する提案能力

(5)導入・運営経費

(6)その他審査委員会が必要と認める事項

 

5 担当部局

024-8507 岩手県北上市村崎野17地割10番地

岩手県立中部病院 総務課管財係

電話番号0197-71-1511 FAX 0197-71-1414

 

6 参加説明書の交付期間、交付場所及び交付方法

(1)交付期間

令和2年7月30日から令和2年8月7日までの、土曜日、日曜日及び休日を除く毎日。

午前9時から午後5時まで

(2)交付場所

5の場所

(3)交付方法

1者につき、1部を無料で、直接交付する。(郵送、ファクシミリ等による交付は行わない。)

 

7 参加表明書の提出期限、提出場所及び提出方法

(1)提出期限

令和2年8月21日午後5時(令和2年7月30日から令和2年8月21日までの、土曜日、日曜日及び休日を除く毎日。午前9時から午後5時まで)

(2)提出場所

5の場所

(3)提出方法

持参又は郵送(書留郵便又は配達記録郵便に限る。)すること。ただし、郵送の場合は、提出期限までに到着したものに限り受け付ける。

 

8 技術提案書の提出期限、提出場所及び提出方法

(1)提出期限

令和2年1023日午後5時(受付期間は、令和2年9月28日から令和2年1023日までの、土曜日、日曜日及び休日を除く毎日。午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時まで)

(2)提出場所

5の場所

(3)提出方法

持参又は郵送(書留郵便又は配達記録郵便に限る。)すること。ただし、郵送の場合は、提出期限までに到着したものに限り受け付ける。

 

9 その他

(1)手続きにおいて使用する言語及び通貨

日本語及び日本国通貨に限る。

(2)費用負担

参加表明書及び技術提案書の作成及び提出(ヒアリングへの対応を含む)に関連して必要となる経費については、各参加表明及び技術提案者の負担とする。

(3)契約保証金

医療局財務規程第202条、第203条及び第204条の規程による。

(4)契約書作成の要否

(5)関連情報を入手するための照会窓口

5に同じ。

(6)技術提案書に関するヒアリング

行う。

(7)その他

詳細は参加説明書による。

 

10 様式等

(1)参加表明書(様式1)

(2)参加表明書添付書類(様式2~4)

(3)技術提案書(様式5)

(4)技術提案書添付書類(様式6~12

(5)質問書(様式13

   様式1、5 様式2~4、6~13

患者さんの紹介について(お知らせ)

関係機関各位

平素より当院の運営に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、当院の診療体制につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部診療を制限しておりましたが、政府より緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ、6月1日より、平常の診療体制に移行しております。

今後におきましても、救急医療や高度・専門医療の提供などに取組んでまいりますので、当院での診療が必要な患者さんにつきまして、従前どおりご紹介いただきたいと存じますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

なお、呼吸器内科の患者さんにつきましては、現在、入院患者数の増加に伴い満床状態となっていることから、引き続き、重症度及び緊急性の高い患者さんのご紹介についてご配慮ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和2年6月9日  岩手県立中部病院長

【担当】地域医療福祉連携室

患者さんの紹介について

関係機関各位

平素より当院の運営に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、標記の件につきまして、先般、新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大に伴い、政府から緊急事態宣言が出されるなどの事態を踏まえ、令和2年4月20日付け中部病号外により、重症度及び緊急性の高い患者さんを優先してご紹介いただくようお願いしたところですが、今般、緊急事態宣言が解除されたことから、当院への患者紹介に関しましても、優先制限を解除し、従前のとおり下記の運用とさせていただきたく存じます。

引き続き、救急医療や高度・専門医療を提供できるよう取組んでまいりますので、今後におきましても、ご配慮ご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

1.軽症の患者さんについては、一度近隣医療機関へご紹介頂ければ幸いです。

2.重症度及び緊急性の高い患者さんについてご紹介をお願いいたします。

3.上記判断が困難な症例については、各診療科あてご相談ください。

4.救急患者さんについては、できる限り受け入れいたします。

令和2年5月18日  岩手県立中部病院長

【担当】地域医療福祉連携室

 

医学生病院見学受入れ再開のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、当院では3月2日から病院見学の受入れを中止しておりましたが、令和2年6月1日(月)から受入れを再開することとしましたのでお知らせします。

 ただし、現在特定警戒地域となっている都道府県にお住まいの方(通学含む)は、6月1日以降も受入れを見合わせていただくことになりますことを申し添えます。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う患者さんの紹介について

関係機関の皆様へ

平素より当院の運営に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症が拡大している中にあって、政府から緊急事態宣言が出されるなどの事態を踏まえ、当院でも圏域内での感染症患者発生に備え、新型コロナウイルス感染症患者さんの受け入れ体制の整備を進めております。

つきましては、厚生労働省から既に不急の診療や手術は延期するよう、通知がなされいることからも、患者さんをご紹介いただく際には、重症度及び緊急性の高い患者さんを優先してご紹介いただきますよう、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年4月20日  岩手県立中部病院長

【担当】地域医療福祉連携室