看護科

« その他の部門一覧に戻る

 

看護科

ようこそ!岩手県立中部病院看護科ホームページへ!

 

 

総看護師長あいさつ

  私たちは当院の理念に基づいた医療を提供するために、チーム医療の一員として協働の精神で、

 患者さんの思いに寄り添い、安全・安心・そして常に温かみの伝わる看護を行います。

≪今年度看護科スローガン≫

   つなぐ・・・変化に対応できるしなやかさをもちつなぐ


  患者さんがのぞむ生活スタイルを支えることができるよう、患者さん・ご家族の思いをお聞きし、地域連携でシームレスな医療・介護が継続できるように努めてまいります。
 是非、地域の皆様からのご意見もお聞かせください。
 また、高度専門化した医療の変化や、時代の変化に対応するために、看護職員が活き活きと働き続ける、学び続けることができる職場づくりも進めていきます。

 仕事の中で看護することの意味を理解し、喜びを見出せるよう看護を語り、創意工夫を伝え合う風土づくりを行います。

 新人看護師育成は、全看護職員で育てることは育つことと考え、明るい温かな雰囲気の中で計画的な研修を実施ております。

平成27年8月
  総看護師長  髙橋弥栄子 Takahashi Yaeko
 
職員募集へ    

看護科基本理念
私たちは、患者さんを尊重し、地域の人々に信頼される看護を提供します。

 

 

看護科基本方針

  1. 安全で質の高い看護の提供のため、患者さんとの相互協力による患者参加型のチーム医療を推進します。
  2. 専門職として責任ある看護の提供のため、自己の能力開発に 努めます。
  3. 働きつづけられる職場づくりのため、柔軟な発想で取り組みます。
  4. 地域の多様なニーズに対応するため、院内外の多職種との相互連携と機能分担を図ります。
  5. 一人ひとりが経営に参画し、健全経営に努めます。

 

 

看護体制

一般病棟入院基本料7:1
病棟では3交代制勤務、救急外来では2交代制勤務、手術室等では待機・呼出し体制をとっています。
また、看護補助者の夜勤を導入している部署もあります。

 

 

看護提供方式について

当院では、「固定チーム継続受け持ち制看護方式+機能別看護方式」で看護を提供しています。

看護師は、専門性を発揮して、受持ち看護師の役割を果たしながら、主体的に患者さんに関わっています。

また、患者さんの病状や看護業務量の変化に対応するため、パートナーシップマインドを活かしてペア制で業務にあたり、お互いにサポート仕合いながら、安全で質の高い看護の提供に努めています。

 

 

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。