看護科

« その他の部門一覧に戻る

 

専門看護師・認定看護師の紹介

 

 

専門看護師

専門看護師とは
 
患者・家族に起きている問題を総合的に捉えて判断する力と広い視野を持って、専門看護分野の専門性を発揮しながら專門看護師の6つの役割「実践・調整・倫理調整・教育・研究」を果たし、施設全体や地域の看護の質の向上に努めます。
専門分野名職位氏名
がん看護専門看護師 看護師   高橋 利果
小児看護専門看護師 看護師 佐藤 育恵

がん看護専門看護師  高橋 利果 
 
がん看護専門看護師は、看護の実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究があります。活動として、告知の場面に同席し、病状の理解、治療選択への意思決定に関わらせていただきます。また、各病棟に出向き、がんによる症状緩和、治療継続が困難になった場合の療養支援を医師や皆さんと一緒に考え対応させていただきます。


小児看護専門看護師  佐藤 育恵
 
小児科病棟に勤務し、血液疾患、腎疾患、内分泌疾患等の慢性疾患のほか、急性期疾患、保育器管理が必要な新生児等の、複雑な健康問題をもつ子どもと家族の援助を行っています。疾患をもちながら生活している子どもの「意思表明や意思決定を尊重する」こと、「子どもと家族の最善の利益」を一番に考え、医療スタッフと連携しながら看護実践しています。子どもと家族の援助について一緒に考えていきたいと思いますので、お気軽にご相談ください。

 

 

認定看護師

認定看護師とは
 
患者・家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質向上に努めています。

 

認定分野名職位氏名
皮膚・排泄ケア認定看護師 看護師長補佐 石亀 桂子
主任看護師 千田 由美子
感染管理認定看護師 主任看護師 吉田 裕子
主任看護師 鈴木 直子
摂食・嚥下障害看護認定看護師 主任看護師 小笠原 千恵
がん化学療法看護認定看護師 看護師長補佐 髙橋 文子
がん性疼痛看護認定看護師 主任看護師 畑山 今日子
救急看護認定看護師 主任看護師 中村 舞
重症集中ケア認定看護師 主任看護師 佐々木 裕美
手術看護認定看護師 主任看護師 小川 真由美
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 主任看護師 岩渕 枝里香
認知症看護認定看護師 主任看護師 小原 久美子

皮膚・排泄ケア認定看護師  石亀 桂子

                                    千田 由美子(専従)

 皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)は創傷ケア(褥瘡・下腿潰瘍・離開創など)、ストーマケア(人工肛門・人工膀胱・瘻孔)、失禁ケア(排尿・排便障害)などスキンケアや排泄管理・指導を行います。「褥瘡ケアでは院内の褥瘡発生率低下に向けた取り組みや、在宅へ出向き直接的なケアも積極的に行っています。創傷管理については、早期治癒に向けた関わりや、外来でも継続的に創傷ケア、また褥瘡ケアも行っております。ストーマケアでは、病棟スタッフと連携し、ストーマを造設した患者さんの精神的サポートや、社会復帰に向けた退院指導を行っております。」退院後はストーマ外来で継続し、装具選択や、スキンケアについて、また日常生活での不安を軽減するためのサポートをしております。失禁ケアでは便や尿失禁によって生じるスキントラブルや、失禁に対しての相談など、人に言えない悩みがある方のケアを中心に問題を解決できるようアドバイスを行っています。

 また褥瘡やストーマケアを在宅で支援している医療者の方と、患者さんのご自宅へ一緒に訪問もしています。いつでもご相談はお受け致します。お気軽にご連絡下さい。

 

感染管理認定看護師   吉田 裕子

            鈴木 直子(専従)

 「患者さん、医療スタッフ、面会の方、病院におけるすべての人々を医療関連感染から守る」をモットーに、様々な活動を行っております。組織横断的に活動し、サーベイランスや感染管理教育を実践しています。感染対策チームの一員として、週に1回病院内をラウンドし、療養環境の改善や手指衛生を呼びかけ、医療関連感染ゼロをめざした活動を実施しております。感染対策リンクナースメンバーの育成指導や、看護ケアにおける感染対策の推進に力を入れております。感染管理専門研修を企画し、講義とグループワークを実施した後、実際に「自部署を改善する」ことを目標に、取り組みの成果を改善発表会で共有しております。院外活動では圏域病院や、医療介護施設での研修会等も実施しております。インフルエンザ予防対策や感染性胃腸炎など感染防止に関連した問題についてのご相談をお受けし、問題解決を支援できるように努めております。

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師  小笠原 千恵

 様々な疾患の影響により口から食べられなくなった患者さんや、経管栄養、胃瘻から栄養摂取している患者さんに嚥下機能評価、口腔ケア、嚥下訓練を行い、安全に食べられるような食べ方を検討し、安全で美味しい「食」への支援を提供できるよう取り組んでおります。また医師、歯科医師、言語聴覚士、管理栄養士等のコメディカルと連携し、NST(栄養サポートチーム)回診の充実、低栄養、嚥下機能の改善、栄養方法の検討、口腔内トラブルに早期から対処し、改善できるようチーム医療を実践しております。

摂食・嚥下障害看護認定看護師として、「全ての方に食べられるチャンスを」をモットーに、一人でも多くの方が食べられるよう支援していきたいと考えております。

 

がん化学療法看護認定看護師   髙橋 文子

 化学療法室に勤務し、がん化学療法を受ける患者さんとそのご家族を支え、安全にそして少しでも苦痛なく治療が受けられるように支援しております。また、化学療法における副作用について、感染予防や個々に合わせたセルフケアの指導を行い、適切なケアを提供できるよう医師・薬剤師・歯科衛生士・栄養士の多職種と連携をとり、それぞれの専門性を生かしたチーム医療を行っています。その中で私は、がんと診断された患者さんに対して、がん化学療法が導入される場合や治療が変更になった場合に、病気や治療についての理解を深め、納得のいく治療の選択ができるよう「がん患者カウンセリング」を行っています。患者さんが、病気や治療についての理解を深め、納得のいく治療の選択ができるよう精神的な支援や医療サービスの情報提供など、治療前からの継続的な支援をしています。

 がん化学療法に関することの質問やご相談はいつでもお受けいたしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

がん性疼痛看護認定看護師   畑山 今日子(専従)

 がん患者さんの身体や心の辛さが和らぎ、普段の生活が送れるようにお手伝いすることを心掛け、緩和ケアチーム専従看護師として、医師・看護師、各専門職と協力しながら症状の緩和や療養生活の支援などを行っています。また、がん患者さん・ご家族を日々支えている看護師を支援するため、研修会や相談対応などを行っています。その他、入院中・外来通院中・院外の患者さん・ご家族からのがんに伴う症状、治療、療養生活などの相談にも応じています。主治医・看護師、がん相談支援室にお気軽にご相談ください。

 

 

救急看護認定看護師   中村 舞

 救急外来で勤務し、患者さんやご家族の方への看護実践を主として活動をしています。

 救急看護師が、正しい知識と技術、迅速な判断力や予測に基づく準備性をもって対応できるよう実践と研修を通して指導を行っております。また、医師や研修医、コメディカルスタッフと連携しながら対応できるよう、共に学びながらチーム医療の調整に積極的に関わっております。院内活動では、看護師を対象とした、フィジカルアセスメントや災害看護、呼吸ケア等の研修を通して、より効果的で質の高い看護ケア実践に取り組んでおります。全職員に対して、救命救急技術の勉強会やシミュレーションを行い、急変対応に備えております。

 昨年度より救急出前講座で地域にも出かけております。救急外来を受診する前の応急手当や自宅での過ごし方について、地域の皆様にお話しさせていただいております。

 

集中ケア認定看護師   佐々木 裕美

 集中ケア認定看護師は、生命の危機状態にある患者さんに対して、状態に応じたケアと早期回復に向けた援助を行っています。2病棟に所属し、High Care Unitや重症室で、病態の変化を予測した観察と合併症予防、苦痛の緩和、早期リハビリテーションを行っています。また、急な入院で動揺されているご家族の心境にも思いを寄せて十分な説明を行い、医師や他の医療スタッフとの調整役となるような支援を心がけています。院内では、救急・呼吸ケアリンクナース部会の一員として、一般病棟で急変対応シミュレーション、呼吸ケア演習を看護師に対して行っています。更に安全安楽な呼吸療法が受けられるよう、人工呼吸器離脱に関する手順書を作成するなど統一した呼吸ケア提供の為の啓発活動を院内のみならず地域の看護の質向上に向け行っていきます。

 今後も医療チームとして、生命の危機状態にある患者さんの生体反応をとらえ、早期回復に向けた質の高い看護の提供に取り組みます。

 

手術看護認定看護師 小川 真由美

 私は、手術看護の実践をとおして、手術看護の向上にむけた活動をしています。

 「手術」を受ける患者さんが抱える大きな不安やさまざまな気持ちに対して、手術室看護師は手術中だけではなく、手術前から積極的に関わり退院後までを見据え、患者さんができる限り早期に回復し元の生活に戻れるような支援を行います。具体的な看護活動として、手術前の患者さんのもとを訪問し、手術室で行われる処置の流れの説明、身体的な特徴の確認、手術に対する気持ちをお聞きするなど、安心して手術にむかえるようお手伝いしています。手術中は、患者さんの身体的特徴に合わせ、無理のない体位、体温の調節、麻酔がかかりお話しできない患者さんの身になって、様々な配慮を行うなど、手術室看護師と実践をともにし、指導や勉強会を行っています。

また、状況に応じて、手術中に待機しているご家族に対して、医師に確認しながら手術の状況をお伝えする術中訪問を推進するなど、手術看護のさらなるレベルアップにむけて取り組んでいます。

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 岩渕 枝里香

 私の分野は、脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)患者さんを対象とした分野です。

急性期から患者の将来を見据え重篤化回避支援だけでなく、廃用症候群予防や残存機能をいかした生活の再構築について患者さんとご家族と共に考えていくよう取り組んでおります。

現在は4階西病棟に所属し、脳神経系看護の知識や技術の維持・向上できるよう実践しながらスタッフへアドバイスを行っています。

「Time is brain」といわれるよう発症からなるべく早く救急受診するよう啓蒙活動も行っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

認知症看護認定看護師 小原 久美子
 認知症は進行とともに時間の感覚や人・置かれている状況が理解できなくなっていく等の症状がでてきます。急性期疾患を持つ認知症患者さんが入院生活に順応することは難しく、色々なことにとても困っています。この困った結果、起こした行動の対応に家族や医療スタッフも困っている現状があります。認知症看護認定看護師として、これらの「困った」を少しでも「よかった」に変えるために活動を行っています。
 中部病院では医師・社会福祉士等とチームを組み、認知症があっても適切な医療の提供がなされるように認知症ケアラウンドも行っています。

岩手県認定看護師の活動

認定看護師の活動(岩手県立病院看護科ホームページ)

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。

  • 中部ネット