臨床研修のご案内

指導医からのメッセージ

初期の臨床研修

副院長 医療研修部長

田村 乾一

 

医師になっての最初のおよそ5年間。非常に大事な時期です。とくに初期の2年間をどのように過ごすのか?私は以下の5点を重点項目としています。

多くの経験をし、苦労すること。 経験とは、ただその環境にいるだけでもよいこともあるが、努力なくして得られるはずがない。さらに物事の根拠を自分で考えよう。昔から苦労は買ってでもしろといわれている。苦労とは、休みも睡眠も取らず研修することではない。OffとOnのメリハリをつけ、どんなことも懸命にやってみよう。

日々是好日(にちにちこれこうにち) 禅の言葉。反省、後悔ばかりで過去にこだわる気持ちが強まるばかりではいけない。これからをどう生きるかが大切。私自身にも言い聞かせている。

縁の下の力持ち 積極性が大事というけど、目立つパフォーマンスのみでなく、地味なパフォーマンスこそ評価したい。例えば、カンファランスの発表準備(スライド、音声、テーブル、椅子など)、後片付けなどを率先してやる人。地味なパフォーマンスがすごい人は目立つパフォーマンスはもっとすごい。

リーダーシップ 色んなリーダーシップがあると思うけど、物事を俯瞰できるようになってほしい。チーム医療の中で、とくに医師に求められている重要な点の一つと思う。

プライマリケアの維持、充実が初歩的というわけでない。 将来、ある診療科を専門的に目指すなら、いつもプライマリケアを充実しておく必要があるはず。医療の進歩は、目新しい知識や技術だけじゃない。これまで当たり前と思ってきたことが、そうではなかったりする。プライマリケアの維持、充実だけでも簡単ではないのだ。

さあ、一緒に2年間を過ごしてみよう。


医療研修科長 

プログラム責任者

小山田 尚

 

当院では初期研修医も、後期研修医も都市の病院では考えられないくらいの豊富な症例を経験し、元気に研修をしています。初期研修医は毎年10~12名、そのうち約半数の初期研修医の先生が当院に残って後期研修医として働いていますし、他病院からも後期研修の先生方が当院に来ています。新しい専門医制度の対応としては内科専門医、総合診療科専門医の基幹研修病院の申請を出しています。外科専門医においては年間1400例と東北でも指折りの手術数のある消化器外科を中心に関連病院として専門医習得へ向けて後期研修を行うことになります。後期研修医の手術経験数は年間200以上と多数の症例を経験してもらっています。同時に、内科、外科系ともに後期研修医は初期研修医の身近な指導者として教育をお願いしており、指導することによって自身の手技、経験の蓄積に寄与していると考えています。

 

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。