平成28年度 岩手県立中部 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 840 190 205 398 589 854 2008 2354 2049 474
 地域支援病院である当院は、地域医療の中核として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。年齢階級別退院患者数を見ると70歳台以上の患者さんが全体の約半分を占めています。
 また、地域周産期医療センターの役割を担っていますので0歳から10歳までの患者も多くなっています。20歳台から40歳台までは産婦人科系の疾患などで女性の患者さんが多くなっています。経年的に年齢階級別の分布に大きな変化は見られません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 169 8.70 11.06 4.14 75.64
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 85 9.24 11.74 1.18 71.49
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 77 9.88 9.02 1.30 72.32
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 9.04 10.93 4.00 68.77
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 10.31 16.26 1.54 80.17
 消化器内科で一番多い疾患は、胆のう炎の患者さんで、消化器内科全体の15%を占めています。その内、内視鏡的治療(内視鏡を使用してに胆汁の排出を改善する治療)を行った患者さんが169名となっています。高齢の患者さんが多くなっていますが、全国の平均在院日数と比較して2.36日短くなっています。
 二番目に多いのは、肝臓および肝内胆管の悪性腫瘍などに対し、肝臓の動脈へ抗がん剤等を注入し、腫瘍への栄養をふさぐ手術をした患者さんです。
 三番目に多いのは、早期の胃の悪性腫瘍などに対して行われた内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術等を行った患者さんです。
 四番目に多いのは胃・十二指腸潰瘍に内視鏡的に止血術などを行った患者さんです。全国平均の在院日数と比較して1.89日短くなっています。
 五番目に多いのは胆嚢・胆道の悪性腫瘍などに対し、組織検査などの精密検査を行った患者さんです。開腹して組織を採取するために入院期間が10日前後となっております。
 消化器科では体への負担の少ない内視鏡的治療を積極的に行なっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 187 2.53 3.06 1.07 69.84
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 149 16.39 17.95 8.05 79.74
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 3.68 4.71 0.00 67.91
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 13.56 13.02 3.80 68.08
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 13.52 11.38 1.85 79.93
 循環器内科で一番目、三番目に多い疾患は、狭心症や心筋梗塞に対して行われる、心臓カテーテル検査や心臓カテーテル治療の患者さんで、循環器内科全体の3割を占めています。平均在院日数は全国の平均在院日数よりそれぞれ0.53日、1.03日短くなっています。
 二番目に多いのが、心不全の治療を行った患者さんです。平均年齢は79.74歳と高齢の患者さんが多く、ほとんどが緊急での入院となっています。
 四番目に多いのが、急性心筋梗塞で緊急で冠動脈ステント留置術を行った患者さんです。入院日当日に手術を行い、2週間ほど経過観察します。
 五番目に多いのが、不整脈でペースメーカー移植・交換術を行った患者さんです。
 このように、循環器内科では心筋梗塞や狭心症、心不全など緊急で治療が必要な患者さんが多く、心臓カテーテル検査や治療が速やかにに対応できるような体制を整えております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 219 5.81 6.02 0.00 1.39
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 94 3.90 5.50 0.00 2.90
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 5.30 5.79 0.00 4.60
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 70 5.77 6.09 0.00 1.37
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 4.96 6.42 0.00 4.48
 小児科では、肺炎や気管支炎・気管支喘息といった小児呼吸器系の疾患が多く、小児科全体の約44%となっています。特に肺炎や気管支炎では平均年齢が2歳以下となっています。
 二番目に多いのは感染症の急性胃腸炎などの消化器疾患です。特に小児では下痢やおう吐などの症状があり、脱水を起こさないような治療を行っています。
 四番目に多いのはインフルエンザなどのウイルス性の肺炎です。特に小児のインフルエンザは経過観察が必要とされる症例となっています。
 地域の小児医療の中核病院として、上記疾患については転院することなく治療を完結し、在院日数も全国平均より短くなっています。
また当院では、岩手県立花巻清風支援学校の分教室として院内学級をもうけており、長期入院が必要な小中学生が、勉強をしながら病気の治療ができるようになっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 11.64 15.92 3.33 74.29
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 75 2.99 6.88 0.00 66.05
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 65 13.11 17.65 1.54 68.91
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 6.61 9.08 0.00 75.70
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 55 4.69 6.82 0.00 61.38
 外科では、結腸癌に対して行なわれた結腸切除術の患者さんが一番多いです。結腸癌に対する手術では腹腔鏡下手術を積極的に行なっています。平均在院日数は、全国平均より5.14日(未)短く、術後早期に離床を促し、早期に退院できるようケアを行っています。
 二番に多いのが胃癌の切除後の化学療法等を行った患者さんです。患者さんの身体の負担にならないよう計画的に抗悪性腫瘍剤を投与しています。
 三番目に多いのが、胃癌に対して行われた胃切除の患者さんです。結腸癌と同様、腹腔鏡下手術も積極的に行っています。
 四番目に多いのが、腸閉塞(イレウス)の患者さんです。手術を行った後の癒着性イレウス、術後腸閉塞が多く、保存的加療(絶食し鼻からチューブを入れて腸内の減圧を試みたり、抗生剤の投与など)で症状が軽減された例です。症状が軽減されない場合は手術による治療が行われます。術後の腸閉塞予防には早期離床が重要となります。
 五番目に多いのが、胆のう結石等で腹腔鏡にて胆嚢を摘出した患者さんです。平均在院日数が全国平均より2.13日短くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 78 24.03 27.63 76.92 82.73
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 48 2.96 5.49 0.00 59.79
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 26.69 24.42 0.00 71.72
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 22 3.05 5.33 0.00 27.05
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 21 6.24 10.04 4.76 52.29
 整形外科では骨折などの外傷系の疾患が、整形外科全体の約80%を占めています。その中でも、大腿骨の頚部(腿の付け根)骨折の患者さんが最も多いです。大腿骨の頚部骨折は高齢の患者さんが転倒などにより骨折するケースが多く、術後にリハビリを行う必要があり在院日数が他のDPCより長くなる傾向があります。当院では、地域連携パスなどを使用しリハビリを継続して受けれるように地域の医療機関との連携を進めています。
 二番目に多いのが橈骨遠位端(手首)の骨折で手術を行った患者さんです。幼児などの若年層から80歳以上の高齢者まで各年代で見られます。若年層はスポーツによる受傷が多く、高齢者は転倒による受傷が多い傾向にあります。標準的な入院期間は3日間で全国平均より2.53日短い在院日数になっています。
 三番目に多いのが、変形性などの股関節症などで手術をする患者さんです。一番目の症例と同様に、人工骨頭を股関節に置換します。
 四番目に多いのが、肘関節周辺の骨折で手術を行った患者さんです。平均年齢が27歳と若年層に多くなっています。
 五番目に多いのが、アキレス腱の断裂に対して縫合術などを行った患者さんです。30歳台から50歳台の患者さんが多く平均年齢も52.29歳となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 15 3.67 4.28 0.00 44.20
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 3.43 5.80 0.00 31.07
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1あり - - - - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - - - -
 形成外科では皮膚の良性腫瘍の患者が一番多く、全国平均の在院日数(未)とほぼ同じになっています。
 二番目は外傷系の疾患の顔面損傷の鼻骨骨折で、整復固定術を受けた患者さんです。10代から20代の若年層が約6割を占めています。
 三番目は褥瘡(床ずれ)などが潰瘍したたため、潰瘍部分に対して外科的治療を行った患者さんです。他の疾患で寝たきり状態が続くために発生しているため、在院日数は長くなっています。
 四番目は皮膚の悪性腫瘍で腫瘍部分を切除した患者さんです。
 五番目に多いのが、皮膚の感染により生じた膿瘍部分を切除した患者さんです。
 
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 20.63 19.35 66.28 70.70
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 10.37 9.87 13.70 76.03
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 39 20.38 22.08 56.41 70.82
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 8.13 7.52 16.67 64.50
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 17.73 16.54 50.00 74.42
 脳神経外科では、非外傷性の脳出血の患者さんが一番多く、平均年齢も70歳と高年齢層に多いです。また、頭部外傷による頭蓋内損傷に対して開頭手術以外の手術を行った患者さんが二番目に多く、そのうち慢性硬膜下血腫(脳と硬膜の間に徐々に血がたまる)に穿頭洗浄(頭蓋骨に穴をあけて血腫を洗う)手術を行った患者は80%を超えています。
三番目、四番目は外傷性の頭蓋内損傷で、てんかんなどの副傷病名がある患者さんと、副傷病名がない患者さんの数に差はあまりありません。
五番目の脳梗塞では継続してリハビリが必要な患者さんは転院してリハビリを継続していますが、特に後遺症状もなく自宅に退院される患者さんもいます。
脳卒中は地域連携パスを使用し急性期から回復期まで切れ目のない医療の提供に取り組んでいます。その中でも脳神経外科は地域の脳卒中の患者さんに対し外科的治療を行える病院として体制の確保に取り組んでおります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 20 8.50 12.73 0.00 63.80
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 15 2.53 3.68 0.00 67.07
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 6.86 9.14 0.00 44.07
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 16.50 10.09 0.00 39.50
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
 呼吸器外科は約60%が癌の患者さんで、早期の肺癌に対して手術を受けた患者さんが一番多くなっています。手術は体への負担の少ない胸腔鏡を使用した手術を積極的に行っています。
 二番目も肺癌で他院から紹介され、当院で肺生検などの検査入院を行った患者さんです。
 三番目と四番は気胸の患者さんで、手術が必要な場合は胸腔鏡を使用して楔状に部分切除を行う場合と、持続的胸腔ドレナージによる保存的治療を行う方法があります。気胸は10歳台から30歳代までの若い年齢の男性が多い傾向があります。平均在院日数は全国の平均在院日数とほとんど変わりません。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 64 8.53 10.05 0.00 42.58
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 47 21.13 20.79 14.89 31.26
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 43 4.79 6.42 0.00 42.70
120140xxxxxxxx 流産 34 2.06 2.43 0.00 31.97
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 27 9.44 10.36 0.00 46.22
 産婦人科では婦人科領域の子宮の良性腫瘍である子宮筋腫や卵巣の良性腫瘍や卵巣嚢腫に対して手術を行った患者さんが多く、子宮全摘術では開腹による手術、卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡を使用した手術が多く行なわれています。平均在院日数は全国平均と比較して子宮筋腫では約2日、卵巣腫瘍では1.5日短くなっています。
 二番目は産科領域では早産、切迫早産で、子宮収縮抑制剤を使用しながら注意深く経過観察する患者さんが多いです。比較的長期入院になる場合があり平均在院日数は全国とほぼ同じ19.98日ですが一か月を超えて入院する場合もあります。
 四番目は稽留流産、自然流産で手術をした患者さんです。おおむね一泊二日の入院となります。
 当院は地域周産期医療センターという役割を担っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 24 5.50 10.53 0.00 56.21
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 14 7.07 9.15 7.14 70.93
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 13 3.92 7.72 0.00 69.54
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 12 3.67 2.91 0.00 80.50
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 11 3.00 8.27 0.00 62.36
 今回の集計では、短期滞在手術等基本料3で入院料を算定する白内障手術を受けた患者さんは対象外となりますが、それ以外で一番多い疾患が網膜剥離で手術を行った患者さんです。
 二番目は緑内障で手術を行った患者さんです。放置することで視力障害や失明の危険がある疾患で房水(眼の中の液体)の流れを良くする手術や、インプラントにより房水を排出して眼圧を下げる手術を行っています。
 三番目に多いのは、黄斑円孔・網膜前膜で徐々に視力が低下する疾患で、硝子体や黄斑部の病変を取り除く手術を行っています。
 四番目に多いのは、短期滞在手術等基本料3で入院料を算定していない白内障手術の患者さんです。平均年齢も80歳と高年齢層に多い疾患です。
 五番目に多いのは、糖尿病性網膜症で手術を行った患者さんが多くなっています。網膜病変は放置することで失明の危険がある重篤な疾患で、治療に力を入れています。在院日数は全国の約半分となってます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 64 14.88 16.54 64.06 68.58
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 15.92 18.76 55.56 76.00
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 13.82 16.73 36.36 74.27
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 17.00 19.40 81.82 85.00
010060x3990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - -
 神経内科は脳梗塞の患者さんが最も多く神経内科全体の78.65%を占めています。脳梗塞のうちJCS(Japan Coma Scale)の10未満(刺激しなくても覚醒している状態:意識のある状態)の患者さんのが最も多く、治療法はガイドラインに則り、エダラボン(脳梗塞巣が拡大しないようにする薬)を使用したり、抗凝固療法や、抗血小板療法を併用した急性期治療を中心に行なっています。
 脳梗塞には地域連携パスを使用し急性期から回復期まで切れ目のない医療の提供に取り組んでいます。その中でも当院は地域の急性期を担う病院として体制の確保に取り組んでおり、スムースな連携により転院率が高いほど全国平均より短い平均在院日数になっています。
 ※脳梗塞に関しては指標:脳梗塞のICD10別患者数等も合わせてご覧ください。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 60 6.65 7.85 1.67 73.08
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 31 7.55 5.83 0.00 63.39
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 30 17.60 13.39 0.00 67.63
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 27 6.78 11.72 0.00 69.41
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 3.86 8.87 9.09 68.36
泌尿器科で一番多いのは、がん検診などで前立腺癌を疑われ針生検(組織検査)のために入院される患者さんですが、短期滞在手術等基本料3で入院料を算定するため今回の集計の対象外となります。
 これを除いて一番多いのが膀胱癌で、経尿道的手術を受けられた患者さんです。経尿道的手術には、早期のがんに対して腫瘍の切除を目的とするものと、手術を行い癌の広がりを確認し次の治療へつなげる目的のものがあります。
二番目に多いのが、尿路結石(尿管や腎盂にできた結石)を経尿道的手術を行った患者さんです。尿路結石の手術には結石を経尿道的に鉗子などを用い直接取り出す方法や、超音波やレーザーで細かく破壊する方法があります。当院ではレーザーを用いた手術を積極的に行っています。
三番目に多いのが、前立腺癌で、外科的手術をした患者さんです。
四番目に多いのが、膀胱癌で化学療法を行った患者さんです。
五番目に多いのが、慢性腎不全でシャント設置術を受けた患者さんです。慢性腎不全により人工透析を必要とする患者さんに対し内シャントが作られます。地域の医療機関からの依頼で作成されるケースがほとんどで、退院後はかかりつけ医でフォローされています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 55 4.49 3.68 0.00 69.93
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 32 13.41 12.35 3.13 68.34
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 12.77 14.83 3.33 69.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 25.21 21.25 20.69 80.41
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 28 17.68 19.92 10.71 74.07
呼吸器内科で一番目に多いのが、肺癌の患者さんです。当院では肺癌の診断のために入院し、気管支鏡等を用いて生検や擦過細胞診を行い確定診断を得るための入院が最も多くなっています。その後は、呼吸器外科・放射線科などと連携し、手術による治療や、放射線療法、化学療法などの治療法を検討し治療にあたっています。
二番目、三番目についても肺癌で、化学療法を行ったり、肺癌による一時的な状態の悪化に対する入院が多くなっています。呼吸状態を改善するような治療の他、癌による痛みを緩和するような治療も含まれます。この場合は緩和ケアチームと連携して症状の緩和に努めています。
四番目、五番目は肺炎の患者さんです。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向にあり、誤嚥性肺炎では当院でも平均在院日数が21.25日で全国平均より3.96日長くなっています。肺炎のデータについては、指標:成人市中肺炎の重症度別患者数等 をご参照ください。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 22 48.55 41.96 0.00 61.55
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 14 22.29 16.83 0.00 64.21
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 12 43.75 34.90 0.00 64.75
130010xx97x0xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - - - - -
 血液内科で一番多いのは急性白血病の患者さんで化学療法がおこなわれかつ輸血などが行われた患者さんです。一口に急性白血病といっても種々タイプがありますが、一般的な症状として貧血や免疫機能の低下、出血症状がみられ全身状態の管理が必要となります。貧血に対して輸血を行ったり、抗がん剤投与のために皮下にポートを埋め込む手術が行われます。当院の平均在院日数は48.55日となっています。全国平均の在院日数も40日を超えていますので治療には長期の入院が必要ということが分かります。
 二番目、三番目に多いのが悪性リンパ腫の患者さんです。化学療法に使われる抗がん剤の種類によってさらに細かく分けられます。こちらも比較的長期の入院となっています。
 四番目も急性白血病ですが、化学療法等は行わず対症療法を行っています。
 五番目は血液疾患により引き起こされた敗血症です。原因となる細菌やウイルスを特定して、治療にあたります。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 57 10.42 12.43 1.75 80.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 19.50 21.25 20.83 84.46
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 33 3.76 5.24 0.00 66.39
100380xxxxxxxx 体液量減少症 28 10.86 9.33 25.00 81.07
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 2.27 3.64 7.69 58.73
 総合診療科では全身管理が必要な様々な病気を合わせ持つ患者さんの診療にあたっています。中でも一番多いのは中でも一番多いのは尿路感染症の患者さん、二番目に多いのは誤嚥性肺炎の患者さんです。特に高齢の患者さんが多いのが特徴で、背景に重篤な様々な病気(基礎疾患)があるケースが多く、慎重な全身管理が必要になります。これらの基礎疾患については関係診療科との連携を密にとりながら治療にあたっています。
 三番目に多いのは、めまい等の患者さんです。原因は様々ありますが、対処療法が主体となります。
 四番目は脱水症です。平均年齢が81歳と高年齢層に多く患者さんがいます。また、7月から9月の発症が多くみられます。
 五番目に多いのが、急性薬物中毒です。年齢層は20代から80代と幅広いです。地域の精神科と連携し、対応しております。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 41.00 11.20 0.00 75.27
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
※上記数値は参考としてご覧ください※
 緩和ケア科では各種がんによる体と心のつらさを和らげ、普段の生活を取り戻していただくために痛みの治療や様々なケアを緩和ケア病棟で行なっています。緩和ケア病棟に入院された患者さんは今回の病院指標の集計の対象とはなりませんのでご了承ください。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 28 5.00 6.56 0.00 60.11
該当なし 該当なし - - - - -
該当なし 該当なし - - - - -
該当なし 該当なし - - - - -
該当なし 該当なし - - - - -
放射線科は全て甲状腺癌に対してI131内容療法(放射線を放出するヨウ素(I131)のカプセルを内服して甲状腺の病変部へ集中して放射線を照射する治療)を行った患者さんになります。当院の治療計画は5日間の入院となっています。ほとんどが他の病院からの紹介で、治療終了後はかかりつけ医でフォローアップしてもらっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 153 46 11 93 - 87 1 7
大腸癌 90 42 63 78 78 71 1 7
乳癌 47 38 17 10 - 27 1 7
肺癌 23 15 46 63 73 58 1 7
肝癌 22 13 15 15 - 100 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※上記データの患者数は延患者数です。
※初発のステージは治療開始(手術や化学療法を行う)前のステージです。ステージ0(上皮内癌)は含みません。(大腸癌、乳癌が該当します)
※疑いによる検査目的入院、外来のみの患者さんは入っていません。
※再発とは自施設、他施設問わず初回治療が完了後に、自施設にて患者を診察した場合や、局所再発、再燃、または新たな遠隔転移をきたした場合をいいます。

 当院で一番多いのは胃癌の患者さんで、二番目は大腸癌になります。
 当院ではがんそのものの治療の他に、緩和ケア病棟があることから、病期の進んだがんの患者さんや、再発の患者さんも多くなっています。胃癌、大腸癌は内視鏡的治療の際に偶然見つかるケースもありますので術前の病期の不明の数がやや多くなっています。肺癌は継続的治療のために紹介により来院されるケースが多く臨床的病期分類を行う十分な情報がないために不明の数が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 8.88 60.71
中等症 68 11.68 75.59
重症 51 14.08 81.25
超重症 27 20.19 84.07
不明 0 0.00 0.00
 肺炎は呼吸器内科で主に治療を行っています。
 重症度は0から数字が大きくなるほど重症になりますが、重症度が高いほど在院日数が長い傾向があります。また高齢の患者さんはより重症度が高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 256 19.19 75.62 54.58
その他 28 21.82 75.86 7.04
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0.00 0.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0.00 0.00 0.00
 当院は、そのほとんどが発症から3日以内の脳梗塞の患者さんで、地域における急性期治療に大きな役割を果たしていること示されています。急性期の治療が終わった患者さんの約半分は、地域連携パスなどでさらに専門てきにリハビリが行える病院などへ転院し、切れ目なく医療が受けれるよう、関係医療機関などと連携を進めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 267 1.25 1.08 0.00 67.32
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 181 1.99 6.87 4.42 77.12
K654 内視鏡的消化管止血術 93 0.76 8.46 8.60 69.86
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 76 1.38 7.51 1.32 71.95
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 70 1.01 6.74 0.00 73.31
 消化器科では内視鏡的に結腸ポリープを切除する手術が一番多くその中でもポリープ(腫瘍)の大きさが2センチメートル以下のものに対して行った手術が集計対象の手術のうち約20%を占めています。多くは予定手術で計画的に実施されます。
 二番目に多いのが胆道にできた腫瘍や結石、その他何らかの理由で胆汁の流れが悪くなってしまった場合に、胆汁の排出を改善する目的で行われる行なわれた内視鏡的にステントを留置する手術です。平均在院日数は10日程度です。
 三番目に多いのは内視鏡的に消化管の出血を止める手術です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血に対して行われる場合が多いです。緊急で手術をする必要があるために、緊急手術が可能な体制の整備につとめています。
 四番目に多いのは早期の胃悪性腫瘍に対して行われる内視鏡的切除術です。経過観察のため1日入院して様子を見ます。
 五番目に多いのは肝癌の患者に施行される血管塞栓術です。肝臓の動脈へ抗がん剤等を注入し、腫瘍への栄養をふさぐ手術です。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 90 4.14 2.92 1.11 70.11
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 66 0.00 13.88 4.55 68.94
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 52 4.52 11.87 1.92 80.19
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 40 0.05 11.58 5.00 65.05
K596 体外ペースメーキング術 20 1.20 8.70 20.00 70.95
循環器科では不安定狭心症、急性心筋梗塞以外の虚血性心疾患疾患に対する経皮的に冠動脈へステントを留置する手術が一番多いです。二番目・三番目に多い不安定狭心症、急性心筋梗塞に対して行われたステント留置術は緊急で行われることが多く治療など速やかにに対応できるような体制の整備につとめています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 109 1.06 3.52 0.00 61.90
K6335 鼠径ヘルニア手術 91 1.29 2.15 2.20 57.35
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 90 3.40 10.93 7.78 76.68
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 45 0.38 2.22 0.00 36.24
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 42 4.57 12.40 7.14 71.79
 外科の術式別では腹腔鏡を使用した胆嚢摘出術が一番多くなっています。全身麻酔で体へ負担の少ない腹腔鏡手術を行うことで、概ね5日ほどの入院期間となっています。
 二番目に多いのが、そ径ヘルニアの手術です。手術の方法は従来の穴を縫い縮める術式に替りメッシュプラグを使用する方法を多くなっています。当院では全身麻酔で手術を行うことがおおく、手術の前日に入院し、手術翌日に退院する患者さんがが最も多いです。
 三番目に多いのが、結腸切除術です。大腸癌に対して行われる手術で、全身麻酔下で行われます。
 四番目に多いのが、腹腔鏡下虫垂切除術です。胆のう摘出術と同様、体への負担の少ない腹腔鏡手術を行うことで、3日間ほどの入院期間となっています。
 五番目に多いのが、胃癌に対して行われる胃切除術です。全身麻酔下で行われ、術後の管理を地域連携パス等を使用し、地域の医療機関と連携しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 84 2.27 14.06 52.38 73.68
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 64 2.00 8.36 4.69 57.94
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 50 1.02 1.70 0.00 56.14
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 34 4.03 18.97 64.71 81.59
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 28 1.14 24.00 3.57 72.50
整形外科では骨折に対して行われる手術が多くその中で一番多いのが上腕、大腿骨(頚部骨折は除く)に対して行われた手術になります。手術には髄内釘や螺子(スクリュー)で固定する方法が多いです。患者さんの平均年齢は80.65歳ということもあり、入院期間は20日を超えています。そのうちの50%を超える患者さんがリハビリ継続のために他の医療機関へ転院しています。
 二番目に多いのは前腕、下腿骨に対して行われた手術になります。手術にはスクリューやプレートによる方法が多いです。比較的平均年齢も若く、ほとんどが自宅への退院となっています。
 三番目に多いのが骨折に対してプレートや、スクリューで固定する手術の後に行なわれるスクリューとプレートの除去術になります。待機的に手術を行いますので、ほぼ手術の前の日に入院して、手術翌日に自宅へ退院しています。
 四番目に多いのが、人工骨頭挿入術です。肩関節周辺や股関節大腿骨の近位骨折(頚部・転子部)の場合、骨折している部分を人工的な骨頭と取り換える手術です。加齢による転倒での骨折が多いことから、平均年齢も81歳と高いです。
 五番目に多いのが、人工関節置換術です。ほとんどが股関節症によるもので、人工骨頭挿入術と同様、人工的な股関節骨頭と病変部分を取り換える手術です。この手術も平均年齢が高年齢層です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 77 0.42 9.53 14.29 76.49
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 28 1.36 31.43 35.71 57.93
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
 一番多いのは慢性硬膜下血腫に対して行われる穿孔洗浄術です。外傷により硬膜の下に徐々にたまった血腫を頭蓋骨に穴をあけて血腫を洗浄除去する手術になります。高齢の患者さんが多く、緊急で入院しその日のうちに手術を行う場合が多いです。
 二番目に多いのは開頭して行う脳動脈瘤(血管のこぶ)に対するクリッピング(クリップでこぶの根元を閉じる手術)です。くも膜下出血の原因の脳動脈瘤の破裂対して行われることが多いです。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤はCTやMRIなどの画像検査などで速やかに動脈瘤を見つける必要があり、当院では発症後にできるだけ短期間で手術が行えるように取り組んでおります。また、破裂していない動脈瘤に対しても経過をみながら、待機的に手術を行う場合もあります。
 三番目に多いのは頭蓋内に貯留した脳脊髄液をカテーテル等で体内の別の場所へ流すための通路(バイパス)を作る手術です。
 四番目に多いのが脳腫瘍の摘出術です。脳は頭蓋内という限られたスペースにありますので、良性の腫瘍でも大きくなると脳を圧迫し障害を起こします。当院では悪性(他の部位にできたがんの転移も含みます)の脳腫瘍のほか、良性の脳腫瘍に対しても開頭して腫瘍を摘出する手術を行っています。
 五番目に多いのが、頭蓋内血腫除去術です。脳出血で血管からあふれた血が血腫となり、脳腫瘍と同様に脳を圧迫し障害を起こすため、開頭し血腫を除去します。
 これらクリッピングや脳腫瘍の摘出術は全身麻酔で行われる非常にデリケートな手術で、手術用の顕微鏡を使用してが行われます。術後も注意深く経過をみる必要がありますので在院日数も多少長くなる傾向があります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 14 3.43 4.29 0.00 60.21
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 12 11.83 3.67 0.00 39.50
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
 呼吸器外科では体への負担の少ない胸腔鏡手術を主に選択しています。
 その中で多いのが肺腫瘍に対する手術です。(一番目、三~五番目) 胸腔鏡を用いた手術で、切除する肺の大きさでさらに分かれます。
 二番目に多いのが、気胸等に対して行われた胸腔鏡下肺切除術になります。この手術は肺に穴が開いて空気が漏れている部分を楔状に切除する手術です。この手術を受けた患者さんのうち約半数が20歳台以下の患者さんです。
 ※診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)の呼吸器外科も合わせてご覧ください。 
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 58 0.93 2.97 0.00 40.66
K877 子宮全摘術 56 1.30 6.79 0.00 46.70
K867 子宮頸部(腟部)切除術 42 1.00 1.79 0.00 40.07
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 32 1.38 7.03 0.00 44.81
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 26 0.54 0.42 0.00 31.65
 産婦人科では可能な限り体への負担の少ないお腹を切らない手術(腹腔鏡)を選択しています。本来は帝王切開術が最も多いのですが、今回の集計の要件に当てはまりませんので集計の対象外となっています。
 そのほかで一番多い手術は、腹腔鏡による子宮附属器(卵巣)腫瘍の摘出術です。腹腔鏡で行われますので当院では手術の前日に入院して手術後3日間で計画していますので、在院日数5日が最も多くなっています。
 二番目に多いのは子宮筋腫などに対して行われる開腹子宮全摘術になります。入院期間は手術の前日に入院して手術後7日間と計画していますので、在院日数9日が最も多く腹腔鏡手術よりも長くなっています。
 三番目に多いのは子宮頸部の高度異形成(前癌病変)や上皮内癌に対して行われる子宮円錐切除術になります。麻酔は脊椎麻酔で手術翌日に退院可能です。
 四番目に多いのが、開腹による子宮附属器(卵巣)腫瘍の摘出術です。腹腔鏡の手術より在院日数が長く9日が最も多いです。
 五番目に多いのが、流産手術です。一泊二日の入院となっています。
 
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 284 0.31 0.80 0.35 72.90
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 50 1.50 2.28 0.00 66.36
K281 増殖性硝子体網膜症手術 14 1.64 2.29 0.00 59.64
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) 12 1.00 1.75 0.00 78.25
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
 眼科では白内障に対して行われる水晶体再建術(白く濁った水晶体を超音波などで細かくして吸引した後に眼内レンズを挿入する手術)が一番多く眼科の手術の約73%に当たります。当院では入院当日に手術が行われ翌日に退院するのが一般的ですが、患者さんによっては当日入院当日退院という場合もあります。
 二番目に多いのは網膜剥離などに行なわれる手術です。目の中にある硝子体を切除吸引する手術です。
 三番目に多いのが増殖性硝子体網膜症で、前述の手術の後に、眼内剪刃などで増殖膜を切除しレーザーや網膜電気凝固装置で裂孔が広がらないようにします。
 五番目に多いのが、緑内障に行われる手術です。「房水」という水分がたまることにより眼圧が上がり緑内障を引きおこすのですが、その房水を眼球の壁に穴をあけ、通り道(バイパス)を作り外に流れるようにします。
 眼科の手術は非常にデリケートな手術で網膜の手術は特に繊細さが要求されます。当院では麻酔医が常勤しているので網膜に対する手術は全身麻酔で安全に行うことが可能です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 84 1.08 4.62 1.19 73.74
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 33 1.67 5.18 0.00 63.73
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 2.71 7.03 9.68 67.10
K843 前立腺悪性腫瘍手術 31 3.13 13.45 0.00 67.29
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 28 1.57 3.82 10.71 68.64
 泌尿器科で一番多い手術は膀胱癌に対して行われる経尿道的切除術で、二番目が尿管などにできた結石を、レーザーなどて粉砕し経尿道的に除去する手術です。三番目が経尿道的尿管ステント留置術で腎臓と膀胱をつなぐ尿管が尿管結石など何ら等の理由で狭くなったり塞がってしまったりした状態を改善するために経尿道的にステント(チューブ)行なわれる手術です。尿管結石の手術後に尿管がむくんで流れが悪くなるなどの理由で一時的に入れる場合や、腫瘍などで閉塞してしまった場合に長期間に留置しておく場合があります。四番目が前立腺癌の外科的手術です。五番目が慢性腎不全に対して行われるシャント増設術です。 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.01
異なる - 0.09
180010 敗血症 同一 50 0.50
異なる 28 0.28
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 52 0.52
異なる - 0.01
 この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症その他の真菌症手術処置の合併症について入院のきっかけになった病名との同一性を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
 入院契機と異なる播種性血管内凝固症候群は急性汎発性腹膜炎や急性化膿性胆管炎から敗血症を発症しそれを契機に発症したものでした。
 敗血症は契機病名と同一のものが7割ちかい比率となっています。異なっていたものは血液疾患等や糖尿病、がんの化学療法を受けている患者さんで免疫力が下がっていた患者さんの発症と、尿路感染や、肺炎、蜂巣炎などの局所の感染が全身に波及したものが多いです。
 手術、処置の合併症は全て入院の契機病名と同じであることから、手術、処置の合併症の治療目的に入院していることが分かります。そのほとんどが人工透析に使用するシャントのトラブルによるものです。昨年度に比べて件数は減っております。
更新履歴