病院の特徴

地域医療支援病院

岩手県立中部病院は2010年(平成22年)9月28日付けで、「地域医療支援病院」に承認されました。
今後はさらに、地域医療・救急医療に力を入れて病院運営を行なっていきます。


地域医療支援病院とは


「地域医療支援病院」とは、以下に挙げる事項についてこれまで以上に力を入れる病院のシステム・名称のことをいいます。

1.充実した救急医療を提供する
2.積極的に紹介患者さまを受け入れ、地域全体で医療を行なう体制をつくる
3.主に岩手県中部地区で開業をする診療所と連携を図り、建物・設備・高度な医療機器・病床を共同利用していただける体制をとる
4.地域の医療従事者に資質の向上を目的とする研修を実施する

初期診療は開業医で担い、急性期医療・高度な専門医療を岩手県立中部病院が行なうという機能分担を行ない、自己完結型医療から地域完結型医療への転換をし、地域連携を積極的に図ることを公的に承認された病院が、「地域医療支援病院」となることができるのです。


地域の方が安心して医療を受けることのできる、よりよい医療環境を整える ― それが地域医療支援病院の課せられた使命であると考え、病院運営を行なっていきます。

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。