薬剤科

« その他の部門一覧に戻る

薬剤科

【薬剤科基本理念】

私たちは中部病院の基本理念に基づき、「医薬品の適正使用と安全管理」を念頭において、患者様の立場に立ち、チーム医療における薬剤師の役割と責務を果たすことにより、常に良質な医療の提供を行う薬剤科を目指します。

 

【薬剤部基本方針(行動指針)】

①患者様の人権を尊重し、患者様に適した患者様中心の薬物療法を支援・提供することに努めます。

②病院の健全経営を堅持するため、効率的で良質な医薬品の提供を行います。

③薬剤師職能を高めるために、常に自己研鑽に努めます。

④常にPDCAサイクルによる業務改善に努めます。

【薬剤科長より】

薬剤科は医療の質と安全性を担保するために不可欠なチーム医療の要の役割を担っている部門です。がん治療、感染制御、緩和医療、栄養のサポートなどのチーム医療の一員としてその専門性を発揮すると共に、外来、病棟や手術室等での薬品の安全管理、適正使用に努めています。

また、薬学実習生の受け入れや、県立病院の新人あるいは2~3年経過した薬剤師の教育の場として、次世代を担う薬剤師を育成するために門戸を開けております。同時に、薬剤科員も地域の患者さんの健康に貢献できるよう日々研鑽して、各種専門、認定薬剤師の取得に励んでいます。

薬剤科員のユニホームにはオレンジ色のラインが入っていますので、お薬の事に関わらず外来や病棟でも気軽に声を掛けて頂きたいと思っております。

 

▲上に戻る


 

【スタッフ紹介】

薬剤師16名薬剤助手3名で業務を行っています。

 

【各種認定薬剤師数】

がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)2名

がん指導薬剤師(日本医療薬学会)1名

緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)1名

感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)1名

認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)4名

栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈栄養学会)3名

スポーツファーマシスト(日本アンチドーピング機構)1名

日本DMAT隊員1名

いわてDMAT隊員1名

いわて糖尿病療養指導士1名

▲上に戻る


 

【業務のご紹介】

<調剤業務>

 処方箋の内容について、薬の飲み方や使い方、量、他の薬との飲み合わせなどをチェックします。内容について疑問がある場合は必ず医師に問い合わせ(疑義照会)を行い、回答を得て適切な処方内容であることを確認した上で調剤を行います。患者様の状態に合わせ、一包化調剤(数種類の薬を服用する時間毎に分け1包にまとめる)や粉砕調剤(錠剤やカプセル剤を潰して粉状にする)なども行います。

 電子カルテシステムと連動した調剤システムを導入し、複数の薬剤師でのチェック体制を整えており、患者様の安全確保のため調剤業務は正確に行われています。

 

<注射調剤業務>

 注射薬は血管内に直接投与され、効果が強く現れるので注意が必要な薬剤です。薬剤師は処方された注射薬の投与量・投与経路(静脈内注射、皮下注射、筋肉注射など)・投与速度、配合変化(2種類以上の注射薬を混合しても問題ないか)をチェックします。処方の内容について疑わしい点は必ず医師に問い合わせ(疑義照会)を行い、注射薬が安全に使用されるように努めています。

 衛生管理に細心の注意を払わなければならない中心静脈栄養輸液の調製などは、クリーンベンチを使用し薬剤師による無菌的混合調製を行なっています。

 

<薬品管理業務>

 院内で使用する医薬品の購入、在庫管理、品質管理などを行い、良質な医薬品を安定供給しています。

 一般医薬品とは区別して、医療用麻薬、向精神薬、毒薬、血液製剤など法規制管理を行っています。

 

<製剤業務>

 薬物治療において、市販されているお薬では効果が得られない場合、市販されている剤形(薬の形)そのままでは治療に使用できない場合など、薬物治療上のニーズに応じて、個々の患者様に合わせて院内でお薬を調製しています。調製にあたっては、科学的・倫理的妥当性について十分に考慮し、市販の医薬品と同様に品質を確保し、有効性、安全性、安定性の面についても配慮しています。

 

<医薬品情報管理(DI)業務>

 医薬品は研究が進み次々と新しいものが開発されています。さらには、効果や副作用、臨床現場におけるデータなど新しい情報が日々追加されていき、医薬品の情報は膨大な量と言えます。これらの情報を管理・整理し、医師や看護師をはじめとする医療従事者、患者様へ医薬品の適正使用に必要な情報を提供しています。

 

<化学療法調製業務>

 抗がん剤治療を安全に行なうために、薬剤師による抗がん剤調製や投与スケジュール管理を行っています。

 投与前日には、投与量計算・投与量・投与間隔・体重等のチェックが行われます。投与当日の調製時にも、体重・投与量・ 検査値や副作用などの最終チェックを行った上で、患者様へ投与されます。

 無菌性と安全性を確保するためにガウンやマスクを着用し安全キャビネット内で、薬剤の特徴に合わせた調製を行います。

 

<病棟薬剤業務>

 

 入院患者様に適切な薬物療法が行なわれ安全に薬が使用されるよう、各病棟に専任薬剤師を配置し、医師や看護師をはじめとする多くの病院スタッフと連携しています。

 具体例の一部として以下のような業務があげられます。

◯入院患者様の持参薬を鑑別し、今後の治療に影響がないか確認した上で、医師・看護師へ持参薬の情報提供を行います。

◯患者様の年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮し、処方された薬剤が適切に使用できるか確認しています。

◯回診やカンファレンスなどに参加し、薬の処方設計や提案を行います。

◯血中薬物濃度解析を行い、最適の薬物投与量・投与速度の設計を行います。

◯薬の効果や飲み方(使用方法)、起こりうる副作用とその対処法などの説明を、患者様やご家族に行います。

◯医師や看護師など病棟スタッフの薬に関する相談応需を行います。

 

<薬薬連携>

 患者様により安全で質の高い薬物療法を提供するため、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師が情報を共有し連携していくことを「薬薬連携」といいます。

 当院では、特に安全性が重視される抗がん剤において「薬薬連携パス(フォローアップシート)」を導入するなどして、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師との情報共有による継続した薬物治療を実施しています。

 

<学生実習>

 

薬学部6年制移行に伴い、薬局・病院それぞれ11週間の実務実習の履修が薬剤師免許取得において必須となりました。当院も、実務実習履修施設として1年間に3期ある実習期間のうち1期・3期に計5名~6名程度実務実習生受入を実施しています。内容としては、コアカリキュラムという実務実習モデルに基づき調剤業務、注射調剤業務、服薬指導(患者様へのお薬の説明)、チーム医療(他職種との連携)など様々な病院薬剤師の業務を通して、医療人としての基本理念や専門的知識、倫理観を学び、質の高い薬剤師の育成に向けて取り組んでいます。

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。