院内設備等改修工事のお知らせ

当院では設備の維持管理及び病院機能の向上を図るため、院内設備等の改修工事を行うこととなりました。

下記の工事期間中は、作業員が院内に立ち入り、工事を行いますので、工事の内容によっては、工事に伴う騒音等、皆様にやむを得ず御不便をおかけすることがあると思いますが、なにとぞ御理解、御協力をいただきますようお願いいたします。

 

1.工事期間

  令和4年7月9日~令和5年1月中旬(予定)

2.工事場所

  ・2階管理棟

  ・1階管理棟

3.影響が出る場合があるもの

  ・工事による振動及び騒音等

                   病 院 長

8月4日(木)市民公開講座を開催いたします

岩手県立中部病院では、地域の皆様に医療や健康に関心を持っていただくことを目的に、下記のとおり市民公開講座を開催いたします。

入場無料でどなたでも参加可能です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

【北上市】

1 開催日時

  令和4年8月4日(木) 15時から16時30分まで(開場:14時30分)

2 場  所

 「さくらホール」 中ホール

3 内  容

  ○ 中部圏域と中部病院の現状 〔演者:吉田病院長〕

  ○ 糖尿病 〔演者:糖尿病代謝内科医師〕

  ○ 食事療法 〔演者:管理栄養士〕

 

【お申込み】〈申込期限〉7月29日(金)

 ①電 話  岩手県立中部病院 地域医療福祉連携室 までお電話ください〈TEL:0197-71-1511〉【平日日中8:30~17:15】

 ②FAX  申込書をダウンロードのうえお申込みください〈FAX:0197-71-1881〉

 ③メール  参加者の「お名前」「ご住所」「ご連絡先(電話番号)」を明記のうえ、次のメールアドレスあてにお申込みください。〈メールアドレス:EA1013@pref.iwate.jp〉

※ お申込みいただいた方全員に整理券を送付いたします。

 

【お問合せ】

 〒024-8507 北上市村崎野17-10 岩手県立中部病院 地域医療福祉連携室 TEL:0197-71-1511

 

【注意事項】※ご理解ご協力をお願いいたします

・ 新型コロナウイルス感染症への感染防止対策として、万が一感染症が発生した場合の連絡手段とするため、連絡先を確認させていただきます。

・ ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします。

・ 開催当日、37.5℃以上の発熱や体調不良の方は入場をお断りいたします。

・写真及びビデオ撮影、録音は、お断りさせていただきます。

に予定しておりました市民公開講座ですが、岩手中部圏域において新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を鑑み、開催を中止させていただきます。

ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

乳腺外科外来 を受診される皆様へ 【お知らせ と お願い】

中部圏域がん患者さん診療を継続するため当院での精密検査後、異常がない患者さんや治療後、病状が安定している患者さんは地域の「かかりつけ医」や「検診機関」経過観察をお願いいたします【お知らせとお願い】

 

 現在、当院の乳腺外来が慢性的に混んでいる状態となっており、日常的に待ち時間が長く、大変ご不便とご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。

 岩手県では、乳腺に携わる医師が患者数に比較して少なく、県全体での医師不足が問題となっております。岩手県では年に800人程度の方が乳がんに罹患されますが、当院ではその4分の1ほどの患者さん診断、治療の医師で行っている状態です。さらに北上市においては北上済生会病院乳腺外来も閉診となり、一部の患者さんは当院で加療を継続することになっております。

 また、当院は検診精査機関でもあり、検診で精査が必要になった患者さんの精査を行っておりますが、その半数以上は がんの所見なく経過観察のみとなっており、大きく変化がなければ がんである可能性は低く、良性の所見であるため、そのような方は検診での経過観察をお願いしております。

 がん患者さんにおきましても、術後経過が良好で術後10年以上経過して再発リスクの低そうな方も、同様に検診をお勧めさせていただいおります。

 つきましては、乳腺外来の飽和状態による、診断、治療が必要な患者さん診療に支障を来す状態を回避するため、当院での精密検査後 異常がない患者さんや治療後 病状が安定している患者さんは地域の「かかりつけ医」や「検診機関」で経過観察お願いいたしますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

 大変ご不便とご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

              令和4年5月   

                   岩手県立中部病院長

4東病棟新規入院、転院及び他病棟への転棟制限の解除に付いて(2022/05/19)

 当院4東病棟に勤務する看護師及び入院患者に新型コロナウイルス感染が判明し、5月12日より当該病棟の入院、転院等を制限して参りました。

 その後、新規有症状者の発生はなく、濃厚接触の可能性のある入院患者さん、職員等の再検査を行いすべて陰性が確認されましたので、5月19日より制限を解除いたします。

 皆さまにはご不便、ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

令和4年5月19日 岩手県立中部病院 院長 吉田 徹

当院病棟看護師の新型コロナウイルス感染発生について(2022/05/12)

 当院4東病棟に勤務する看護師に新型コロナウイルス感染が判明いたしました。発症直前に勤務期間があったため、濃厚接触の可能性のある入院患者さん、職員等のPCR検査を行ったところ現時点(5月12日)で陽性患者1名が判明したことから、当該病棟は当面の間、新規入院、転院及び他病棟への転棟を停止し一時的に制限することといたしました。

 予定入院の患者さんに関しましては、他病棟で受け入れるなどの方策をとっておりますが、手術予定を延期させていただく可能性がございますこと、また、面会等の該当病棟への訪問にも制限が生じることをご了承ください。 

 その他の病棟ならびに外来は通常通りに診療いたします。救急に関しましても通常通りお受けいたします。 

 皆様に大変ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくご理解の程お願い申し上げます。新たな状況が判明次第、順次ご報告申し上げます。

 

令和4年5月12日 岩手県立中部病院 院長 吉田 徹

新型コロナウイルス感染症重点医療機関について

当院は、新型コロナウイルス感染症重点医療機関として岩手県より指定を受けています。

 

1 保健医療機関の名称  岩手県立中部病院

2 所   在   地  〒024-8507 岩手県北上市村崎野17地割10番地

3 確 保 病 床 数  20床

4 電   話   番   号  0197-71-1511

岩手県立中部病院医療事故の個別公表について

岩手県立中部病院では、医療の透明性を高め、県民の信頼を得るとともに医療の安全管理に資することを目的として、岩手県立病院等医療事故公表基準に基づき、岩手県立病院等で発生した医療事故(医療過誤によるレベル4b以上の事案)の概要等と再発防止策を公表しています。

  令和4年2月にご家族から同意を得て個別公表する事例は次のとおりです。

 

・岩手県立中部病院医療事故の個別公表

 

・岩手県立病院等医療事故公表基準

【自動販売機設置】県有財産の貸付けに係る条件付一般競争入札の実施について(再入札)

次のとおり条件付一般競争入札に付する。

令和4年3月4日 

 

  岩手県立中部病院長 伊藤 達朗  

 

1 入札に付する事項

 (1) 件名

  自動販売機設置に係る県有財産の貸付け

 (2) 貸付場所及び面積

  別紙「貸付物件一覧表」のとおりとする。

 (3) 貸付期間

  令和4年4月1日から令和5年3月31日までとする。ただし、岩手県又は落札者が契約の解除を申し出ないときは自動的に1年間延長されるものとし、令和7年3月31日まで同様とする。

 (4) 入札方法

  (1) の件名の年額により物件ごとに入札に付する。

  なお、種別が建物である物件の落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の100分の10に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約金額の110分の100に相当する金額を入札書に記載するものとする。

  (5) 落札者の決定方法

  県があらかじめ公表した最低貸付価格以上の金額で入札した者のうち、最高の金額をもって有効な入札を行った入札者を落札者とする。

2 入札参加者資格

  次の要件をすべて満たす法人又は個人に限り参加することができる。

 (1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「政令」という。)第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。

 (2) 次の各号のいずれにも該当しない者又はいずれかに該当した者であって、その事実があった後2年を経過した者であること。

  ア 契約の履行に当たり、故意に工事若しくは製造を粗雑にし、又は物件の品質若しくは数量に関して不正の行為をした者

  イ 競争入札又はせり売りにおいて、その公正な執行を妨げた者又は公正な価格の成立を害し、若しくは不正の利益を得るために連合した者

  ウ 落札者が契約を締結すること又は契約者が契約を履行することを妨げた者

  エ 地方自治法第234条の2第1項(契約の履行の確保)の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げた者

  オ 正当な理由がなくて契約を履行しなかった者

  カ 前各号のいずれかに該当する事実があった後2年を経過しない者を契約の締結又は契約の履行に当たり代理人、支配人その他の使用人として使用した者

 (3) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てをしている者若しくは更生手続開始の申立てがされている者(同法第41条第1項に規定する更生手続開始の決定を受けた者を除く。)又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てをしている者若しくは再生手続開始の申立てがなされている者(同法第33条第1項に規定する再生手続開始の決定を受けた者を除く。)でないこと。

 (4) 岩手県暴力団排除条例(平成23年岩手県条例第35号)第2条第2号に規定する暴力団、同条第3号に規定する暴力団員又はこれらと密接な関係を有する者でないこと。

 (5) 法人にあっては岩手県内に本店を有すること。個人にあっては岩手県内に住所を有し、かつ、岩手県内で事業を営んでいること。ただし、貸付物件5についての法人にあっては岩手県内に本店、支店又は営業所を有すること。個人にあっては岩手県内に住所を有し、かつ、岩手県内で事業を営んでいること。

 (6) 自動販売機の設置業務において、自ら管理、運営する2年以上の実績を有していること。

 (7) 岩手県税を滞納していないこと。

 (8) 法令等の規定により販売について許認可等を要する場合は、その許認可等を受けていること。

 (9) 下記6により、あらかじめ入札の参加申込をした者であること。

3 入札説明書の交付場所等

 (1) 入札説明書の交付場所及び問い合わせ先

  〒024-8507 岩手県北上市村崎野17地割10番地

     岩手県立中部病院 総務課管財係

     電話0197711511

 また、岩手県立中部病院ホームページから入札説明書をダウンロードすることができる。

 (2) 入札説明書の交付期間及び交付方法

  令和4年3月4日から令和4年3月15日までの岩手県の休日に関する条例(平成4年岩手県条例第1号)に規定する県の休日(以下「休日」という。)を除く毎日午前9時から午後5時まで(1)の場所で交付する。

4 現地説明会

  別紙貸付物件一覧に記載の日時に、現地において実施することから、参加を希望する場合は3(1)に示した入札説明書の交付場所及び問い合わせ先まで連絡すること。

 なお、現地説明会への参加希望者がない場合は実施しない。

5 質問書及び回答

 (1) 受付期間

   令和4年3月4日から令和4年3月11日までの休日を除く毎日午前9時から午後5時まで受け付ける。

 (2) 提出方法

   上記3(1)に示した入札説明書の交付場所及び問い合わせ先に質問書(入札説明書により別途定める様式)を郵送又は持参すること。

 (3) 質問者への回答

   質問者に対し、電子メール等により個別に回答する。

6 入札参加申込

  入札に参加を希望する者は、入札説明書により別途定める必要書類を添付した条件付一般競争入札参加申込書を提出し、入札参加資格を有することを証明しなければならない。

 (1) 提出場所

   上記3(1)に示した入札説明書の交付場所及び問い合わせ先に同じ。

 (2) 提出期限

   令和4年3月15日

 (3) 提出方法

   上記の期日の午後4時15分までに、必要な書類を提出場所に郵送又は持参すること。

7 入札の日時及び場所等

 (1) 入札の日時及び場所

   別紙「貸付物件一覧表」のとおりとする。  

 (2) その他

   郵便による入札は認めない。

8 入札保証金

  入札に参加しようとする者は、物件ごとに入札日当日(入札執行前)に入札しようとする金額の100分の3以上の額を納めるものとする。

  ただし、岩手県の「令和2・3・4年度 自動販売機設置に係る県有財産の貸付け一般競争入札参加資格者名簿」に登載された事業者については、その全部を免除する。

9 入札の無効

 上記2に示した入札参加者資格のない者のした入札、入札者に求められる義務を履行しなかった者のした入札その他入札説明書により別途定める条件に違反した入札は、無効とする。

10 契約書の作成の要否

  要

11 その他

  詳細は入札説明書による。

 

◆詳細・様式等はこちらをご覧ください◆

当院職員における新型コロナウィルス感染症の発生について

 2月17日(木)に、当院の職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

 当該職員の接触者について調査を実施し、患者様及び当院の職員について、濃厚接触者はおりませんでしたので、診療は通常通り行っております。

 皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、保健所の指導を受けながら、引き続き感染拡大防止に全力で努めておりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

令和4年2月18日

岩手県立中部病院長

【重要】当院へ通院されている患者さんへ【お知らせとお願い】

【岩手県立中部病院からのお知らせとお願い】

 

 現在、当院では、入院病床が満床状態となっております。

 また、岩手中部医療圏だけでなく、胆江医療圏や盛岡医療圏の医療機関等についても満床に近い状態となっており、広域的に入院病床に余裕がない状況です。

 このため、当院では、入院・外来診療を一部抑制しているほか、救急搬送についても受け入れを制限せざるを得ないなど、患者さんの受け入れに支障を来たしている状況です。

 つきましては、既に予約が決定している患者さんであっても、診察や検査、手術などを延期させていただく場合がありますので、ご理解ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

大変ご不便とご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 

令和4年1月13日     

岩手県立中部病院

院長 伊藤 達朗

【1/11より】新型コロナウイルス感染症対策に伴う面会禁止について

新型コロナウイルス感染症対策として1月11日より面会禁止といたします。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

なお、入院患者さんへの荷物の受け渡しを希望する場合は、1階エレベーターホール前に「荷物受付ブース」を設置しておりますので、こちらでの受け付けをお願いいたします。

【荷物受付時間:平日 11時~15時】

 

 

日本財団より助成を受けました

この度当院では、日本財団の「新型コロナウイルス感染症対策整備支援事業」より助成を受け、クラスⅡ安全キャビネット、卓上遠心機、送信機の導入を行うことができました。

本助成により、当院の感染予防体制が強化され、緊急時においてもより円滑に感染症へ対応することが可能となりました。ありがとうございました。

新型コロナウイルス感染症やインフルエンザを疑う発熱等の相談・受診方法について

相談・受診までの流れ

  1. 発熱等の症状が生じた場合は、まずは、「かかりつけ医」に電話で相談する。
  2. 相談する医療機関に迷う場合や「かかりつけ医」がない場合には、「受診・相談センター」に相談する。
  3. 「かかりつけ医」又は「受診・相談センター」の紹介・案内に従い、受診する場合には事前に電話にて連絡のうえ「診療・検査医療機関」を受診する。

※ 岩手県立中部病院は「診療・検査指定病院」です。

当院でのPCR検査の実施は、診察した医師が検査の必要性を認めた場合及び保健所からの依頼に基づき実施しております。

陰性証明等を目的とした無症状者の希望に基づくPCR検査は受け付けておりませんのでご了承願います。

 

相談から検査の流れ (PDF 677.8KB)

 

受診・相談センター(コールセンター)

  1. 相談する医療機関に迷う場合や「かかりつけ医」がない場合には、「受診・相談センター」に電話でご相談ください。
  2. なお、聴覚に障害のある方をはじめ電話での御相談が難しい方に向けてファクスでも受付をしていますので、ご利用ください。
受付時間:24時間 全日(土日・祝日を含む)
電話:019-651-3175
ファクス:019-626-0837

「26人のがんサバイバー あの風プロジェクト」様からの 著書の寄贈 について

先日、 「26人のがんサバイバー あの風プロジェクト」 様 より 「黒い雲と白い雲との境目にグレーではないない光が見える」を寄贈いただきました。

当院にご来院される皆様に読んでいただけるよう、 「がんサロン」 に配架させていただきます。

「26人のがんサバイバー あの風プロジェクト」 様 の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)

コロナ禍でも医療機関で必要な受診をしましょう。

【上手な医療のかかり方】〈国からのお知らせ〉

 

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

来院される皆様へのお願い

5月25日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言が全国的に解除されました。しかし、地域によっては、未だ感染者が増加しているなど、今後も感染防止対策の徹底が必要な状況にあります。

つきましては、当院では、来院者される皆様にご自宅での検温をお願いしており、次のとおり対応させていただきます。

 

外来患者さん

外来受診予定の方は、受診日当日、来院前に『ご自宅での体温測定(検温)』を実施していただき、37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合は、直接来院せず、受診する診療科へお電話にて、ご相談くださるようお願いいたします。

 

付き添い者・家族・面会者等 全ての来院者

来院前に『ご自宅での体温測定(検温)』を実施していただき、37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合は、来院をお断りいたします。必要なご用務がある場合は、担当部署へお電話にて、ご相談くださるようお願いいたします。

また、感染流行地からご来院される方につきましては、原則、来県後14日間ご自宅等で待機いただいたうえでご来院いただきますようお願いいたします。

ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

令和2年8月11日  岩手県立中部病院長

株式会社 伊藤園 様からのインスタント煎茶のご寄付について

先日、株式会社 伊藤園 様から インスタント煎茶1000本(100本×10袋)のご寄付を頂きました。

これからの季節、マスク等着用による熱中症予防として、また日々頑張っている医療従事者の健康を気遣い、応援したいとの思いからお寄せくださりました。

お水でも溶ける、個装スティックで手軽に使えるものです。

株式会社 伊藤園 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

日立製作所グループ 様からのフェイスシールドのご寄付について

昨日、日立製作所グループ 様から、新型コロナウイルスの感染者と接する医療機関を支援する目的でフェイスシールド60個のご寄付を頂きました。

緊急事態宣言解除後、首都圏では第2波流行が懸念される状況となっております。

院内での感染防止を図るため、頂いたフェイスシールドは、院内適所に配布し使用させて頂きます。


日立製作所グループ 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

株式会社医学生物学研究所 様からの医療用サージカルマスクのご寄付について

昨日、株式会社医学生物学研究所 様から、新型コロナウイルスの感染者と接する医療機関を支援する目的で医療用サージカルマスク2,000枚(10枚パック×200)のご寄付を頂きました。

全国的な再流行時は消費状況の予測が困難であり、再び供給が不安定になる恐れもございます。

株式会社医学生物学研究所 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

株式会社 伊藤園 様からの緑茶(お~い、お茶)等のご寄付について

本日、株式会社 伊藤園 様から、緑茶(お~いお茶)30ケース(280ml・720本)と緑茶ティーパックのご寄付を頂きました。
日々頑張っている医療従事者の健康を気遣い、応援したいとの思いからお寄せくださりました。

株式会社 伊藤園 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

司ゴム電材株式会社 様からのフェイスシールドのご寄付について

昨日、司ゴム電材株式会社 様から、フェイスシールド(ゴムバンドタイプ100個)のご寄付を頂きました。
感染防止材料の確保が困難となっている状況の中にあって、地域貢献できればとの思いから、職員の感染防止に役立てて欲しいとお寄せくださりました。

司ゴム電材株式会社 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

株式会社Serge源's 様からのフェイスシールドのご寄付について

本日、株式会社Serge源's 様から、フェイスシールド(ゴムバンドタイプ50個、メガネタイプ・サンプル)のご寄付を頂きました。
感染防止材料の確保が困難となっている状況の中にあって、職員の感染防止に役立てて欲しいと遠く名古屋からお寄せくださりました。

株式会社Serge源's 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

岩手県立中部病院における新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症については、国内の感染者が依然増加している状況にあることから、国においては、全都道府県を対象とした緊急事態措置が5月31日まで延長されたところです。

 現在、岩手県内では感染確認者がゼロでありますが、大幅に患者数が増加する可能性を想定し、「岩手県新型コロナウイルス感染症医療体制検討委員会」の検討を踏まえ、当院では次のとおり診療体制を整備し運営しております。

 

〇 基本的な診療体制

 当院はこれまで二次医療圏域内の基幹病院として、救急医療や高度・専門医療を提供する機能を担ってきており、新型コロナウイルスの感染が広がる中にあっても、患者の感染の有無にかかわらず、手術、分娩、インターベーション治療などに、これまでどおり対応し、二次医療圏域内で完結する医療を目指し運営します。

 

〇 新型コロナウイルス感染症に係る診療体制

 県の「岩手県新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき、感染発生のフェーズ及び患者の重症度等に応じた医療機関の役割分担による対応を基本として、診療体制を整備しています。

 

(1)入院医療

 ・20床の結核病棟を含む一つの病棟を「新型コロナ感染症専用病棟」として、ゾーニングなどを実施し、感染症患者の大幅な増加に備え入院診療体制を整備しました。(4月24日設置)

 

(2)手術等への対応

・8室ある手術室の1室に簡易陰圧装置を設置し、新型コロナウイルスに感染した患者及び疑われる患者の手術や分娩等にも対応できるように整備しました。(4月24日設置)

 

(3)外来診療

 ・外来診察待合の混雑緩和など患者が安心して医療を受けることができる環境づくりのため、薬の処方を目的とした電話での再診を実施しています。(4月対応済み)

                令和2年5月8日  岩手県立中部病院長

トヨタ輸送東北センター株式会社 様からのフェイスシールドのご寄付について

先日、トヨタ輸送東北センター株式会社 様から、休業中の社会貢献の一環として作成したフェイスシールドのご寄付を頂きました。
感染防止材料の確保が困難となっている状況の中にあって、職員の感染防止に役立てて欲しいとお寄せくださり、伊藤院長に手渡されました。

トヨタ輸送東北センター株式会社 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

ナガイレーベン株式会社様からのリユーザブルマスクのご寄付について

4月9日(木)、医療用白衣のナガイレーベン株式会社 様から、洗って使えるリユーザブルのご寄付を頂きました。

マスク供給がひっ迫する中にあって、感染拡大防止に役立てて欲しいとお寄せくださり、伊藤院長に手渡されました。

ナガイレーベン株式会社 様の温かいお気持ちに、心よりお礼申し上げます。

【ナガイレーベン】リューザブルマスク