岩手県立中部病院

0197-71-1511

お問合せ

文字サイズ

入院・お見舞いの方へ

入院の手続き

  1. 予定入院の方は指定された時刻までに1階総合受付内の入院受付へおこしください。入院される病棟へご案内いたします。
    休日が入院予定日となっている方は時間外・救急入り口から入り、直接病棟のスタッフテーションへおこしください。
  2. 入院診療申込書に所定の事項を記入し提出してください。
  3. 当院や他の医療機関からお薬をもらっている方は、入院前にかかりつけ医を受診するなどし、入院が見込まれる日数分のお薬をご持参のうえ入院ください。(入院後に他の医療機関を受診する際は、主治医の了解が必要です。患者さんやご家族の方が、了解無く他の医療機関を受診することは出来ません。)
  4. 入院治療を行う疾患と関連のない他の診療科受診を希望される場合、主治医の判断(緊急性等)により退院後に外来受診していただく場合があります。あらかじめご了承ください。

 

入院時にご用意いただくもの

  • 診察券
  • 保険証
  • 各種医療費受給者証
  • 限度額認定証
  • 洗面用具(タオル、歯ブラシ、コップ、ボディソープ、シャンプー、くし、ひげそり等)
  • 日用品(下着、バスタオル類、履物、ティッシュペーパー等)
  • 当院や他の医療機関からもらっているお薬
  • お薬手帳
  • 入院のご案内
  • 事前に配布された書類一式

 

病衣について

診察や処置に適した「病衣」をお貸ししております。料金は1日80円です。ご希望の方は申込書へ記入し看護師へ提出してください。

週2回の交換ですが、汚れたときやサイズ変更など必要な場合はその都度交換いたします。なお、病衣を希望されない場合はご自分で用意してください。

 

特別室について

特別室(個室、2人部屋)を利用される方には、特別室利用申込同意確認書を提出のうえ所定の料金をご負担いただきます。

病状により転室・移動をお願いする場合がありますので、あらかじめご了承願います。

 

お食事について

食事時間はおおむね次のとおりとなっております。

 

朝食:7時30分 昼食:12時00分 夕食:18時00分

 

病棟中央にデイルームを設けてありますので、ご利用ください。

病状に応じたお食事を準備しますので、持ち込みはご遠慮ください。

食中毒の原因となりますので、残されたものを後で召し上がらないようご協力願います。

食物アレルギーについてはアレルゲンとなる食品を提供しない体制を整えております。お申し出ください。

基本メニューとは別の特別なメニューから食事を選択できる「特別メニュー」を実施しております。希望される場合は食事負担額のほかに別途100円をご負担いただきますのでご了承ください。

 

退院について

入院する方を円滑に受け入れするため、退院の方はできるだけ午前10時頃までに退室してくださいますようご協力をお願いします。

 

医療費について

医療費は、国で定めている診療報酬点数表により計算しております。診断書、証明書、分娩解除など保険給付にならないものについては、「岩手県立病院等利用料規則」で定めた料金となります。詳しくは院内の掲示をご覧ください。

  1. 入院中の医療費は、入院日(または1日)から月末までの請求書を翌月10日頃にお届けします。請求書を受け取られてからおおむね10日以内に1階会計窓口でお支払いください。
  2. 退院される場合は、当日までの分を請求しますので、お支払いのうえご帰宅ください。土曜・日曜・祝祭日に退院される場合は、その前日等に概算額をお知らせします。
  3. 症状や治療内容によっては、当初の請求額に差額が発生する場合があります。その場合、退院時や翌月に差額調整をお願いする場合がありますので予めご了承願います。
  4. 当院では医療費の口座自動振替とクレジットカードによるお支払いもご利用いただけます。詳しくは1階会計窓口にお尋ねください。
  5. 1ヶ月の自己負担金は一定額を超えた場合の「高額療養費支給制度」や、限度額適用認定証を提示して頂くことで、お支払が一定の限度額までとなる制度があります。詳しくは「えぐなるプラザ(患者家族支援センター)」又は病棟担当者にお問い合わせください。

お支払いについてのご相談がございましたら、看護師、事務職員等へお問い合わせ下さい。

入院中の生活

安全な入院生活のために

当院では、入院される皆様が安全な医療を受けられるよう、病院全体で取り組んでいます。趣旨をご理解のうえ、ご協力をよろしくお願いします。

 

入院中の生活について

入浴は、病状により許可されますので医師や看護師に確認のうえ、入浴してください。

外出・外泊をされる方は、主治医の許可を受け、「外出・外泊届」を提出してください。

消灯時間は21時です。消灯後の電話の取次ぎは出来ませんのでご了承ください。

テレビ、ラジオの使用は21時までとなります。(イヤホン(別売)等を利用されるなど周囲へのご配慮をお願いいたします)

館内での飲酒は固くお断りいたします。
当院では、受動喫煙による健康への影響を防止するため敷地内全面禁煙としております。

携帯電話は、病室・デイルームなど指定された場所でご使用ください。ご使用の際は、周囲の迷惑とならないよう、マナーを守ってご使用ください。

入院期間中は駐車場をご利用いただけません。自家用車はご自宅にお返しください。

火災・地震等の非常事態が発生した時は、医師、看護師などの病院職員や消防署員の誘導・指示に従って行動してください。

 

ご本人の確認

お名前の確認について
同姓の方がたくさんおられますので、名字と名前を名乗っていただき、ご本人であることを確認させていただきます。同姓同名の場合などは、必要に応じて、生年月日や住所をお尋ねすることもあります。

 

リストバンド(うで輪)の着用につい
当院では入院される方に、氏名などの情報のバーコードがついたリストバンドの着用をお願いしています。これは、点滴や注射、処置だけでなく、検査や手術など、本人である事の確認をする際に使用し、皆様が安心して治療を受けていただけるようするためのものです。なお、皮膚アレルギーがあるなど、体質に合わない場合はお申し出ください。

 

転倒・転落の予防

入院生活は、住み慣れたご自宅の生活環境や習慣とは異なります。「いつもの生活」とは少しずつ違いがありますのでご注意ください。

 

病院の環境について
病院はベッドの生活となり、床は畳やフローリングと比べて、硬い材質を使用しています。転んだり、ベッドから転落すると骨折などのケガを負う場合があります。ベッドや椅子の上に立ち上がると大変危険です。

ベッドからの転落や転倒を防ぐために、ベッドの高さを低くしたり、ベッド柵を使用することがあります。また、ベッドや車椅子からの転落や転倒の危険性があるなど、やむを得ない場合は、離床センサー(ベッドからおりると、ナースコールが鳴る装置)の使用や、安全ベルトなどによる身体抑制を行う場合もあります。

 

活動機能の低下について

検査や安静のため動かないでいることがあります。そのため思いがけず体の動きに影響し、以下のようなことが起こることもあります。

  • 体を動かした時にふらつく。
  • 思ったように体が動かない。
  • いつも出来ていた動作が出来ない。

めまいや発熱・睡眠剤の服用などでふらつきがある場合や、歩行に自信がない場合は、無理はせず、看護師をお呼びください。

 

はきものについて

はきものは、スリッパやサンダルではなく、普段から履きなれた足をしっかり支えてくれる運動靴等をご準備ください。スリッパは脱げやすく、ゴム製のサンダルはつまずきやすく危険です。
※転倒・転落された場合は、すぐ看護師にお知らせください。
※患者さんの転倒・転落の危険度に合わせた予防対対策を行いますが、危険性が高い場合には、ご家族にもご協力いただくことがありますので、よろしくお願いします。

 

お薬の確認について

他の医療機関からお薬をもらっている方は、事前にお薬の内容に関する紹介状をご用意いただきますようお願いします。また、入院の際は、現在服用中のお薬を全てご持参ください。

入院前からお飲みになっているお薬は、入院中の病状や治療内容により変更または中止していただくことがあります。他の医療機関を含めた、服用中の薬又は使用中の薬、一般用医療品、健康食品・サプリメントを含めて、医師又は担当看護師にお知らせください。「お薬手帳」をお持ちの方は一緒に提出をお願いします。

 

点滴やチューブ類について

治療のため、点滴やチューブ(管)類が体の一部に入ることがあります。これらは抜けると治療の妨げや生命に影響することがあります。以下についてご協力をお願いします。

チューブが入ることにより、痛みや違和感を生じることがあります。つらい時は遠慮なくお知らせください。また、心配や疑問に思うことがありましたら、お知らせください。その都度説明いたします。

固定の絆創膏などが剥がれたり固定が緩んだりすると、抜けることがありますので、その都度お知らせください。

 

感染防止対策にご協力ください

院内の感染を防ぐためには、手洗いや手指消毒は重要です。医師や看護師の手洗いや手指消毒が不十分かと思われる場合は、遠慮なくご指摘ください。

患者の皆様、ご家族、ご面会の方にも手洗いやマスクの着用をお願いする場合もあります。咳がある場合などは状況によってマスクの着用をお願いする場合もあります。

医療行為の途中で、患者さんの血液が付着した針などを職員が誤って自分の皮膚に刺した場合などに、職員の感染予防のために患者さんの血液検査(ウィルス検査)をお願いすることがありますのでご了承をお願いいたします。なお、検査結果は後日ご報告させていただき、その際の検査費用は当方で負担させていただきます。

 

認知症ケアについて

高齢者にとって具合が悪くて入院するということは、心身共にとても負担の大きなことです。認知症の方、ご家族の方にとって、この負担は「認知症が悪化した?」と思われる行動をおこしてしまいます。
認知症があっても治療が安心して受けられるように、病棟の看護師や専門知識をもった多職種で適切に対応しています。
自宅での介護や入院中の気になる症状や対応方法等で、わからないことがあればご相談ください。

 

その他、お気づきの点・不安な点や疑問点などございましたら、遠慮なく職員に、お声かけください。

 

各種相談について

病気や療養に伴って起こる問題など、皆様がお困りになっている様々なことについて、専門の相談員が相談をお受けしますのでご利用ください。

  1. 各種医療制度やがんに関すること等のご相談については1階の「えぐなるプラザ(患者家族支援センター)」で専門の相談員がお受けします。
  2. 診療や職員に関する意見、苦情等については1階の「えぐなるプラザ(患者家族支援センター)」が窓口となっております。
  3. 臓器提供に関するご相談は医師、看護師等へご相談ください。
  4. 各病棟や1階待合ホールに「ふれあいポスト」を設置してありますので、ご意見をお寄せください。

 

その他

当院は安心して医療を受けていただくために患者さんの個人情報を保護するとともに、適正に扱います。

 

設備について
  1. 病室にはテレビ・冷蔵庫等を設置しております。テレビや冷蔵庫を利用する場合はテレビカードをご購入ください。テレビカードの販売機は各病棟のデイルームにあります。またカードの精算機は1階正面玄関付近にあります。
  2. 3階から5階の各病棟、および緩和ケア病棟に洗濯機と乾燥機を設置しております。洗濯機や乾燥機は硬貨、またはテレビカードでご利用いただけます。利用時間は6時から21時です。
  3. 1階には銀行のATM、売店、理容室、レストランがございますのでご利用ください。

 

営業時間
ATM 月 金曜日 9:00 ~ 18:00
土曜日   9:00 ~ 17:00
(日曜・祝日 定休)
売店 グリーン リーブス(GREEN LEAVS MALL)
7:00 ~ 21:00

ユアーズショップ
8:00 ~ 18:00
レストラン 月~金曜日 9:00 ~ 19:00
(土曜・日曜・祝日定休)
理容店 9:00 ~ 18:00
(日曜定休)

盗難防止のため貴重品や多額の現金等はお持ちにならないようにお願いします。なお床頭台にはセーフティボックスを備え付けてありますのでご利用ください。

お見舞いされる方へ

面会について

入院中の安静時間を確保するため、面会時間は次のとおりといたします。

 

面会時間 11時~17時まで

 

なお、ご家族の面会時間に制限はありませんが、同室の方の療養の妨げにならないようお願いいたします。

病状などにより面会をご遠慮していただく場合があります。

病室へ入室、退室の際は、必ず備え付の消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

風邪をひいている方、大勢での面会はご遠慮ください。

当院では、患者さんのプライバシー保護と治療環境の保持を重視しています。面会を希望されない場合や病室のネームプレートに記名を希望されない場合は入院診療申込書の下段にご記載ください。

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内 、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。

当院では抵抗力が低下している患者さんを守るため、病院内にばい菌(病原体)を持ち込まないための対策を行っています。生の植物や土、ドライフラワーなどの病室内持込はご遠慮願います。

お子様は症状が無くとも学校などの集団生活の中で、様々な病原体を持っている場合があります。患児以外のお子様(概ね18歳以下)の院内立ち入りを自粛していただくようお願いします。

 

付き添いについて

当院では原則、付き添いの必要がありません。なお病状その他の事情等でご家族の付き添いを希望される方は医師、看護師にご相談ください。

 

▲上に戻る