岩手県立中部病院

0197-71-1511

お問合せ

文字サイズ

脳神経内科

脳神経内科

概要(対象疾患と診療内容)

1.主として脳・脊髄、末梢神経、筋肉の病気に対して、内科的な診療を行う科です。内科領域の診療科のひとつであり、精神科・神経科や心因性疾患を扱う心療内科とは異なります。

2.症状としては、意識障害、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ(けいれん)、脱力(麻痺)、物忘れなどが脳神経内科疾患の初期症状です。具体的な病名では、脳梗塞、パーキンソン病、髄膜炎・脳炎、アルツハイマー型認知症、多発性硬化症などの脳の病気、さらに筋疾患、脊髄疾患、そして片頭痛やてんかんなどの広い範囲の病気を診療します。

3.内科的治療ではなく、手術が必要と判断された場合は、当科から脳神経外科や整形外科に紹介させていただきます。

 

当科診療の特色

1.当院に限らず、脳神経内科の診察は他の診療科に比べて、お一人の診察に時間がかかることが多いのです。特に初診の患者さんの場合は、相当の時間(1時間程度)がかかることも稀ならずありますので、あらかじめ御了承ください。そのため外来新患は紹介状をお持ちになり、かつ予約のある患者さんのみとなります。もちろん急患はこの限りではありません。

2.大勢の患者さんが外来に集中しますと大変混雑します。医師数は増えず、患者数が増えると、待ち時間が増加することになります。さらに重症な患者さんが救急車で来院したり、入院中の患者さんの病状悪化などには、外来をやっている同じ医師が対応せざるをえませんので、外来診療が中断してしまうことがあります。あらかじめ御了承ください。

3.病状が落ち着いた患者さんには、原則的にかかりつけ医の先生に紹介させていただきます。何卒、御協力をお願いいたします。

4.かかりつけ医の先生は病気の種類にもよりますが、必ずしも脳神経内科医や脳神経外科医でなくても大丈夫です。例えば脳梗塞の患者さんであれば、外来通院で主に診るものは、脳そのものではなく、高血圧、糖尿病、脂質異常症などのコントロールが最も大切なポイントになります。それゆえ、開業している内科や外科の先生がむしろ適任ともいえます。

 

当科受診へのアドバイス

普段はかかりつけ医の先生に通院していただき、病状が変化した場合、救急診療が必要な場合、そしてMRI・脳波・筋電図などの精密検査が必要な場合に、大いに御利用いただければと思います。

 

主な対象疾患

1 脳梗塞  2 パーキンソン病  3 髄膜炎・脳炎  4 アルツハイマー型認知症  5 多発性硬化症  6 筋疾患  7 脊髄疾患  8 片頭痛  9 てんかん

 

スタッフ紹介

氏名 田村 乾一 (たむら けんいち)
職名 副院長兼第1脳神経内科長
卒業年 昭和58年 岩手医科大学卒
専門領域 脳神経内科
学会資格等 日本神経学会(指導医、専門医)、日本脳卒中学会(専門医)、日本医学教育学会
氏名 安田 猛彦 (やすだ たけひこ)
職名 第2脳神経内科長
卒業年 平成11年 岩手医科大学卒
専門領域 脳神経内科
学会資格等 日本内科学会(認定内科医)、日本神経学会(専門医)
氏名 鎌田 麻美 (かまだ あさみ)
職名 脳神経内科医長
卒業年 平成26年 岩手医科大学卒
専門領域 脳神経内科
学会資格等 日本内科学会(認定内科医)、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本頭痛学会
氏名 鈴木 啓生 (すずき よしお)
職名 脳神経内科医長
卒業年 平成28年 岩手医科大学卒
専門領域
学会資格等

 

診療科 Aブロック
診療科 Bブロック
診療科 Cブロック
診療科 Dブロック
診療科 Eブロック
診療科 その他のブロック

▲上に戻る